沙を淘(よな)げる
 

 法を正すことは最終段階になり、宇宙の中のそれらの妨害の要素も学習者の中から精進できない人を引っ張りだそうとしています。例えば、一、理智がはっきりしていない人、二、行為が常軌を逸している人、三、執着心が取り除かれず、ますます膨張し、これによって強烈に外に向けて探し、外に向けて求め、理性を失ってしまった人などです。それらの妨害の手口は、これらの人に理性を失った執着の中で狂わせ、学習者を損ない、法を正すことを損なう悪事を行わせることによって、これらの人がやり直すことも非常に難しくなっています。なぜならば、ひとたび学習者に巨大な損害をもたらし、それゆえに一部の学習者が落ちてしまい、甚だしい場合、淘汰される対象となってしまえば、この巨大な罪業をどのように償うのでしょうか? しかも、彼(彼女)によって台無しにされたのが大法の学習者であるため、これは法を正す中で迫害の作用を働くものと何の違いがあるのでしょうか? これは邪悪なものと同罪です。

 現在、スパイたちが学習者の名義で作った邪悪なウェブサイトはこのようなことをしています。甚だしいことに、美歌の名前を持ち出して人を騙しています。美歌は私のそばにいるのに、そんなことはあり得るのでしょうか? 現在、台湾の学習者に対して、比較的大きな妨害をもたらしています。しかも、一部の理智を失った人は学習者の中で、邪悪を手伝ってこのウェブサイトを広めています。このように行なえば、即ちあなたは邪悪側に立つことになり、学習者への迫害に参与し、学習者を台無しにしています。あなたがそれを広めたことが原因で学習者が台無しにされれば、これはあなたの償いきれない巨大な罪業となります。あなたをどうすれば良いのですか?

 いずれにせよ、法を正すことはまだ進んでいます。このスパイのウェブサイトを広めたことがあるすべての人は、出来るだけ早く自分がもたらした損失を挽回し、あなたが広めたことにより、このスパイのウェブサイトの被害者になった人を呼び戻すように私は提案します。一人でも漏らせば、あなたはその人とともに淘汰されてしまいます。一人の生命が何を行なったにせよ、それに対して責任を負わなければなりません。これは宇宙の理です。師父は慈悲深いのであって、大法弟子は皆、人々を救っていますが、法を正すことは厳粛なことです。それらの一時的に愚かになり、邪悪を助長して悪事をしてしまった人が自重するよう、希望しています。

                             

李洪志

二〇〇八年二月二十六日

 

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2008/2/26/173178.html)