学習者の文章に対する評注
 

 よく述べられています。修煉の道は人それぞれ異なり、法を実証する方法も異なり、異なる社会階層、異なる仕事、異なる環境でみな修煉できます。これこそ大法が修煉者に示した道なのです。大法弟子は一体となっており、法を正す中で行った全てを私はみな肯定的に評価しており、皆大法弟子として行うべきことを行っています。異なるやり方は、法が運行している中での有機的な分担と圓容の方式ですが、法の力は全体として現れてくるのです。

 

李洪志

二〇〇三年二月十六日

二〇〇五年十月八日修正

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2003/2/16/113723.html)