新年の挨拶
 

 中国大陸の大法弟子、全世界の大法弟子、新年明けましておめでとうございます! 乙酉(きのととり)の年が始まりました。この一年の中で、法を正す洪大な勢いは人類に変化をもたらします。そのため、皆さんは大法弟子が行うべき三つのことを一層良く行わなければなりません。執着を放下し、大法弟子として必ずはっきりと認識しなければならない迫害と、私たちを迫害している邪党の本当の姿に常人の心で対処しないでください。

 私たちは政治に参与しておらず、人類の本当のこの邪教と張り合っているのではなく、なおさら人類の何かの政権を手に入れたいとも思っていません。迫害の中で私たちが党文化に惑わされた世の人々を救い済度しているということを必ずはっきりと認識すべきです。なぜならば、この部分の人はこの邪教を信じているあまり、真相を聞こうともしないからです。同時に、このことをはっきりと認識していない学習者にその邪悪な本質を認識させます。これも放下しなければならない常人の心であり、法を実証する中で必ず歩まなければならない一歩です。常人の観念で法を正すことと大法弟子の修煉形式を量らないでください。いつも常人の心のために、皆さんの認識を高める過程を長く延ばさないでください。皆さんは神の道を歩んでいる人であり、一つ一つの執着はみな障碍なのです。 

 師父が皆さんに歩むようにと教えた道は必ず正しい道です。冷静で理性をもち、正念の中で圓満成就に向かう道を歩み終えることを期待しています。

 

李洪志

乙酉年正月一日

二〇〇五年二月九日

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2005/2/9/95186.html)