米・オークランド市中華街フェスタ 華人 積極的に三退
■ 印刷版
 

 【明慧日本2018年10月6日】米・北カリフォルニア州オークランド市は、サンフランシスコのベイブリッジに繋がり、この市の中華街では毎年、中秋節になると中華街フェスタを開催して中秋節を祝っている。

 2018年戌年の旧暦7月16日を過ぎ、中華街フェスタは8月24、25日に開催された。北は第10通りから、南は第7通りまで、東はハリソンに面し、西はブロードウェイまで、縦横9ブロックにわたり、多くの企業や団体、素晴らしい演劇、豊かな様々なグルメが人々を惹きつけ、数万人が訪れた。

'图1~2:二零一八年八月二十五日和二十六日,法轮功学员在奥克兰中秋街会上设立摊位,向当地民众传播法轮功的真相。两天的街会上,法轮功摊位前车水马龙,驻足了解真相的民众一批接一批。'
中華街フェスタで人々に法輪功真相を伝える法輪功学習者

 法輪功学習者は、パシフィック ルネッサンス プラザの西側にブースを設置し、「法輪大法は素晴らしい」の横断幕を掲げた。ブースの3面には真相を伝える多数のパネルを掛け、また四角には様々な色で飾られた紙灯籠が風に揺れていた。テーブルの上には大紀元時報の新聞、真相を伝える書籍、資料、週刊紙、VCDなどを並べ、訪れた様々な民族の人々や観光客の目を引きつけ、多くの人々が立ち留まって読んでいた。

 ブースは活気に溢れ 真相を理解した華人が三退

 現地の学習者は、1998年からこの中華街フェスタに毎年参加し、人々に法を広め、法輪功の真相を伝えている。学習者の長年来の弛みない努力により、多くの人が真相を知って三退した。人々はわざわざブースに立ち寄り、学習者と挨拶を交わし、また、ある人は学習者を見て、すぐ親指を立てて「法輪功、あなたたちは本当に素晴らしい!」と称賛した。

'图3:这位男士看到身穿印有“法轮大法好”字样黄色T恤衫的学员,就对学员竖起大拇指。'
法輪大法好」の黄色のTシャツの学習者を見て、親指を立てる男性

'图4:这位男士径直走到法轮功摊位,热情跟学员打招呼。'
わざわざ法輪功のブースに立ち寄り、学習者に親しく挨拶する男性

'图5:这位老太太特地前来索取大法真相资料。'
大法の資料を求める高齢の女性

 オークランド市には中国広東省からの移民が特に多く居住している。彼らは法輪功のブース前を通りかかると、立ち止まってパネルに掲示されている大法の真相を読んだり、また楽しそうに学習者に話しかけたり、中には昨日来て、今日も来て「新しい資料がないかを見に来た」と言う。この2日間、学習者たちは、とても忙しく休む間もなく、人々は入れ替わり、立ち代りやって来て、2日間で249人の中国人が中国共産党の関連組織から脱退した。

 中国共産党組織に加入したことのない華人たちがブースを訪れ、法輪功を支持する意志を伝えた。ある中国人観光客は「江沢民を告訴する」のパネルを見たあと、学習者に、自分は黒五類(地主、富農、反革命分子、破壊分子、右派)の身分であるため、共産党組織への加入は許されなかったという。彼は「共産党はあまりにも悪質だ。法輪功は中国人の希望です」と話した。

 2017年にやっと中国から米国に来た陳さんは、法輪功のブースで資料を手にして、三退したあと、感激して「法輪功は本当に素晴らしい! 今後、もう共産党の子犬になるのは止める!」と言った。

 本籍が四川省の王さんは、米国に来てすでに30年になる。学習者が彼女に真相を伝えて三退を勧めた時、彼女は新唐人テレビや大紀元時報をいつも見ており、法輪功についてよく知っているという。その一方で共産党の邪悪さもよく知っており、自分は如何なる共産党組織にも加入したことがない。家系がよくないため、家族全員が当局から迫害されたという。彼女はさらに『九評』に書かれていることは全て真実で、彼女も「経験したことがある」と言った。

 彼女は昨日来た時「悪魔が我々の世界を統治している」の新聞の特集号をもらい、今日は蓮の花をもらったと学習者に話した。彼女は蓮の花のしおりに書かれた「法輪大法は素晴らしい」を見て、嬉しそうに「この花は以前にもらった花とは違うわ」と言った。学習者が「あなたは幸運ですね。この小さな蓮の花は、悪を鎮めることができ、あなたの安全をお守りしますよ」と言うと、彼女は「知っている。これはお守りだからベッドに掛けます」と言った。

 学習者が、米国に来てかなり経つ朱さんに三退を勧めると、彼女は「もう高齢だから、そんな必要はないわ」と言った。しかし彼女は「貴州の藏字石」(2.7億年前の石が割れ「中国共産党亡」の文字が現れる)の真相を聞いて、彼女はおおいに賛同し、親指を立てて「三退して神に見ていただきます」と言って、三退の名簿に名前を書いた。

 米国に来て2年になる譚さんは、真相を理解したあと、喜んで「譚平」という別名で少年先鋒隊から脱退し、自分の一生の平安を選択した。

 この2日間、多くの留学生がフェスタを訪れた。学習者と長い間の問答を経て、疑問が解けた彼らは三退した。別れを告げる時、ブース前で記念写真を撮り『九評』や『共産主義の究極の目的』などの資料を持ち帰り、詳しく読んでみると言った。

 真相を知った華人の中には「法輪功を学びたい」という人たちがいた。ヘルメットを被った中年の男性は、真相を理解して三退したあと、「次週からオークランドの煉功に行き煉功を始める」と言った。高齢の女性はパネルの資料を読んだあと、学習者に「あなた達には事務所がありますか?」と尋ねた。学習者は「ありませんが、オークランドの地下鉄広場で毎朝集団煉功をしています」と告げた。学習者はさらに「法輪功は人々に『真・善・忍』の教えに基づいて善い人になるよう教えています」と言うと、彼女はぶつぶつと「エー、国を愛し、党を愛する・・・」と独り言を言った。学習者は彼女に「国を愛する、しかし党を愛することではありません。中国には5000年の歴史がありますが、共産党は100年足らず。共産党イコール中国ではありません。共産党は様々な運動を通して、系統的に中国の伝統文化を破壊してきました。法輪功はその伝統文化の復興を目指しています」と説明した。この話を聞いた彼女は「法輪功を学びたい」と言った。

 法輪功の真相をすでに知っている男性は、法輪功のブースを見かけると、一直線にやって来て「大法の本はありませんか」と尋ねた。学習者は法輪大法のウェブサイト(www.falundafa.org)で閲覧することができ、無料でダウンロードすることもできると言うと、彼は「私は法輪功を学びたいので、どこで『轉法輪』の本を買うことができますか?」と言った。そこで、学習者は彼を中華街の書店に案内し、彼は『轉法輪』を購入することができた。翌日の昼ごろ、彼は再びやって来て、煉功動作を学び、「これからは、法輪功の活動に参加したい」と言った。

 フェスタには多くの西洋人の観光客も訪れ、一部の人は法輪功の真相を知っていたが、多くの人は知らなかった。彼らは、法輪功は中国の伝統文化に由来し、真・善・忍に基づいて善い人になるよう目指していると聞いて、次々と称賛の声が上がった。また1億人の修煉者がいると聞いて驚いた。善い人を目指す法輪功学習者が中国で迫害され、甚だしきに至っては生体から臓器を摘出されていることに非常に驚いた。

 2016年6月、米国下院で343号決議案が通過し、共産党による臓器摘出を非難したと聞いた彼らは、地域のメディアを利用してこの事実を広め、もっと多くの人たちに知ってもらうと言った。観光で訪れた西洋人は法輪功に興味を持ち、地元の煉功場を尋ねて、法輪功の煉功を始めたいと話した。

 西洋人の女性がブース前で立ち留まった。自分は毎週英語版の大紀元時報を読んでおり、また、何回か法輪功のパレードと天国楽団を見たこともあり、次回のパレードを期待していると言った。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2018/8/29/373072.html)
 
関連文章