修煉交流>正法修煉
集団学法の問題について 厳粛に対処すべき2018-12-13
執着心をもったまま 真相を伝えることはできない2018-12-13
全体修煉に溶け込み 初心を取り戻す2018-12-12
二言三言:「どんな事も法に照らしてみる」2018-12-11
法の中の境界と病業の仮相2018-12-10
中国国内におけるネットでの学法と安全問題について2018-12-06
「良い修煉環境とは」についての私なりの悟り2018-12-05
同修に対しても 慈悲であるべき2018-12-05
基本的な真相をはっきり伝えると威力が大きい2018-12-03
同修は 私を助けに来たのです!2018-12-02
同修を従わせることは法から外れる道に導くことである2018-11-30
正しい法理から執着を取り除き 大法に同化する2018-11-29
スマートフォンへの執着を取り除く2018-11-29
請負業者が億万長者になった2018-11-27
話をする時 電話を身近に置かないようにしよう2018-11-27
最近 街の住民が皆喜んで迫害資料を読んでくれる2018-11-26
陰で同修のことをとやかく言ってはいけない2018-11-25
文章から 自己を実証するのか法を実証するのかをみる2018-11-24
人間の観念は法を実証する時の妨害となる2018-11-21
真相ははっきりと伝えなければならない2018-11-20
有限な寛容と無限な寛容2018-11-19
「大法」の名義を軽率に使わないように2018-11-18
私はやっと早朝の煉功ができるようになった2018-11-16
人に言われたことには 自分にとって「福」がある2018-11-15
正悟は内に向けて探し 師と法を信じることから生じる2018-11-14
国保警官が迫害する側から法輪功を学ぶ側に変化2018-11-12
「高度な漸悟」状態に惑わされない2018-11-11
佛光を浴び、全ての人心を放下し法に融け込む2018-11-09
やり続ける中で 自分の心性を向上させる2018-11-08
誠心誠意 自ら内に向けて探す2018-11-06
堂々と正念をもって 不当な法廷尋問に対応する2018-11-05
二言三言 : 傷つくのは人心である2018-11-02
二言三言: 「文の終わりから逆に暗唱できる」について2018-11-01
理性的に真相を伝え 衆生を救い済度する2018-10-30
真相を伝えるときの他人への配慮について2018-10-29
仕事の中で 法を実証し人を救う2018-10-28
煉功の動作の進む速さについて一考する2018-10-26
一念の違いで結果は全く異なる2018-10-23
神韻を広める過程の体験2018-10-22
常人も救われることを待っている2018-10-19
正念をもって 監視カメラの問題を解決する2018-10-17
「広範にわたる協調」や「総協調人」としての反省2018-10-17
常人の観念から抜け出し 誓いを果たそう2018-10-16
しっかりと学法することで さらに正念が強まる2018-10-15
パレードの進行と写真の撮り方について2018-10-15
旧勢力の理論的根拠は、師父が望まれるものとは異なる2018-10-14
「悪をもって悪を制する」の心を放下する2018-10-14
マイナス思考を解体しよう2018-10-13
ウィーチャットなどのソフトウェアを削除した後2018-10-13
修煉者は誰の言う通りに行うべきか2018-10-12