中南海の赤い壁が見ていた―(4.25の真相)(映像)
■ 印刷版
 

 【明慧日本2017年11月12日】それぞれ異なる社会階層から来て、自ら「中南海4.25事件」に参加した法輪功学習者らは、その歴史事件の細部を思い出し、当時自分が考えたこと、見たこと、行ったこと、中南海に行く動機、および彼らのそれからの境遇を語ってくれた。また、映像は当時の中国情勢の変化を描写して、国際社会が「4.25事件」に対する関心と報道などを紹介した。映像はいろいろな角度から「4.25事件」の経緯を紹介して、法輪功学習者らの誠実な心、中国当局が長期にわたり学習者の身辺をかき乱して学習者に濡れ衣を着せようとする企み、江沢民は「4.25事件」を口実にして、陰謀の手段を駆使して独断専行して法輪功の鎮圧を手配した経緯などは、この映像から覗かれる。

 

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/7/10/350565.html)
 
関連文章