『修煉で現れた奇跡(子ども弟子篇)』
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年8月20日】法輪大法を修煉している子ども弟子が多くいます。彼らは、『封神演義』に登場する哪吒(ナタ)のように風火輪に乗ることもなければ、『西遊記』の孫悟空のように虎皮の腰巻きもしていないし、見た目からして普通の子どもと何ら変わりはありません。しかし、彼らは総じて親を驚かせるような「大人らしい」発言や不思議な出来事を口にすることがあることから、「小さな神仙」と呼ばれることもあります。

 現代教育の下で、「子どもに何が分かるのか」と考える大人は少なくありません。しかし実際、いくつかの側面に限ってみれば、子どもは必ずしも大人より劣っているとは言えません。多くの幼い子どもたちは生まれながらにして聡明で、物事をよく理解しています。

 では、16人の子ども弟子の修煉の物語を一緒に見てみましょう。

 日本語版の電子書籍(PDF)は、こちらから購入できます

(表紙画像)

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/5/15/425398.html)
 
関連文章