「真善忍国際美術展」がイランで開催される
■ 印刷版
 

 【明慧日本2017年5月16日】イランの法輪功学習者達は、今年のイランの新年の期間中に、アサルーイェ市の経済・エネルギーセンターで「真善忍国際美術展」を開催し、4千人以上もの観覧者がここを訪れた。アサルーイェ市はイランの東南部に位置する都市で、商業が非常に繁栄している都市でもある

 

图1:伊朗法轮功学员们在 Asaluyeh市经济能源商业中心成功举办了真善忍国际画展
経済・エネルギーセンターで「真善忍国際美術展」開催

图2:这次展览吸引了超过四千多名来自附近城市的游客和居民,人们在仔细的阅读画展介绍,了解真相
4千人以上の人々が美術展を観覧

 图3-8:伊朗学员们面对面的向民众讲解画展内容,传播法轮功真相    天上の神々が地上へ下る絵画に見入る観覧者たち

 下記はノートに記された絵画を見た感想のコメントの一部である。

 「このような拷問は信じられないです。拘禁や拷問がない日が1日も早く来るように」

 「この印象深い絵画展を観た後、私は法輪功についてもっと理解できました」

 「親愛なる友人よ、これらの情報を分かち合ってくれて非常に感謝します。この情報は騙されたり、封鎖されていた心を開くことができるでしょう」

图9:人们临走前在留言簿上写下留言,表达支持法轮功反迫害的感受
ノートに思い思いの感想を書く観覧者たち

 ある8歳の子供は「一部の作品を見たら悲しくなったけど、ここにあるこれらの絵が大好き」と書いた。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/5/13/347873.html)
 
関連文章