中国各地で法輪大法デーを祝うポスターや横断幕が出現
■ 印刷版
 

 【明慧日本2019年6月25日】

 2019年世界法輪大法デーに際して、法輪大法の真相は遼寧省鉄嶺市(てつれい-し)で広く伝えられた。

 遼寧省鉄嶺市の法輪功学習者はポスター貼りの形で、人々に真相を伝え、2019年世界法輪大法デーのお祝いをした。

 街の両側にある公園で、「世の人は第20回世界法輪大法デーをこぞって喜び祝う」、「世界には真・善・忍が必要だ」、「法輪功への迫害を止めよう」、「法輪大法は世界100ヵ国以上に広まっている」、「真・善・忍は衆生に良いものだ」、「早めに三退し、平安を保とう」、「法輪大法は素晴らしい」、「真・善・忍は素晴らしい」などのポスターがいたる所に貼られ、多くの鉄嶺市の市民に法輪大法の素晴らしさを伝えた。

 以下は、湖北省武漢市で貼られた「5.13」「世界法輪大法デー」を祝うポスターの数々である。

 以下は、遼寧省吉林市での世界法輪大法デーを祝う真相看板の数々である。

 以下は、河北省張家口市(ちょうかこうし)の村で掛けられた横断幕と看板の数々である。

 以下は、遼寧省瀋陽市の街で掛けられた法輪大法の真相を伝えるものである。

 5月13日前後、遼寧省のある地区で現れた法輪功の真相を伝えるポスターと手作りの蓮花である。

 以下は、上海郊外で現れた法輪功の真相を伝えるポスターである。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2019/5/16/387397.html)
 
関連文章