米 サンフランシスコで真相伝えのカーパレード開催
■ 印刷版
 

 【明慧日本2021年3月13日】(アメリカ=明慧記者・王英)サンフランシスコ・ベイエリアの法輪功学習者(以下、学習者)は、3月6日、中国共産党(以下、中共)による法輪功迫害を暴露し、迫害の停止を呼びかけると同時に、法輪大法の素晴らしさを人々に届ける カーパレードを開催した。

'图1:游行前,法轮功学员在<span class='voca' kid='62'>真相</span>宣传车前合影'

カーパレードに参加した学習者

'图2~4:真相车队在海沃市行进'

ヘイワード市を通過するカーパレード

'图5~6:真相车队经过海沃市超市'

ヘイワード市のスーパーの前を通るカーパレード

'图7:路人在观看'

カーパレードのパネルを読む市民

'图8:市民在反迫害征签簿上签字'

迫害反対を署名をする市民

 3月6日土曜日の午前、学習者はヘイワード市のガンズバーガー公園で煉功を行った。日頃から公園を散歩している環境保護活動家のリリさんは、学習者の穏やかな煉功場面に惹きつけられた。法輪功の「真・善・忍」の原則に従って煉功していると聞いた彼女は、「私は、この功法が好きです」と言った。

 学習者が真相を伝えるパネルを車に取り付けていた時、通りかかった男性が指を立てて、「私も中共に反対しており、カーパレードで中共を暴露するあなたたちを支持します。私の会社には中国から来た同僚の女性がいますが、彼女も中共が大嫌いだと言っていました。中共は悪事をし尽くし、女性スパイを送り込み、私の選挙区の国会議員を誘惑しました」と話し、資料を求めて嬉しそうに立ち去った。

'图9:西人法轮功学员克里斯希望通过游行,人们能了解法轮功'

カーパレードメンバーのクリスさん

 西洋人学習者のクリスさんはカーパレードのメンバーの1人である。 彼は、「この伝統的なカーパレードを通じて、人々に中共が犯した罪を認識させることができると同時に、法輪大法は素晴らしいということを知ってほしいのです」と話した。

 クリスさんは、中共ウイルス(武漢肺炎)が大流行したことで、人々は中共の疫病隠蔽が分かり、中共がいかに邪悪であるかを認識し、中共の言うことを信じなくなり、人々は真相を受け入れるようになったと言った。

'图10:来自非洲的技工基罗斯·吉米表示,他认同真善忍的原则'

「真・善・忍」の原則に賛同するアフリカ出身の技師キロス・ジミーさん

'图11:基罗斯·吉米说,他在汽车上的标语牌上看到了法轮功'

「車上のパネルに『法輪功』の文字が見えた」というギメイさん

 「私は 車のプラカードを見たのですが、法輪功とは何でしょうか?」とキロス・ギメイさんが尋ねた。法輪功は「真・善・忍」に基づく修煉だと分かった彼は、自分はキリスト教徒だが、「真・善・忍」の理念に賛同しているという。彼は「私は法輪功が大好きです」と話した。彼はカーパレードを追いかけ続けてきたと言い、「あなたたちが放送している美しい音楽が好きです。 あなたたちの成功を願っています」と話した。

 中国で学習者が迫害されていることを知ったギメイさんは、「だから、私は中共が嫌いなんです。 共産主義はどこにいても邪悪なのです」と話した。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/3/7/421801.html)
 
関連文章