【慶祝513】交響曲−春の舞
■ 印刷版
 

作曲/馬暁鈞  

 【明慧日本2021年5月25日】

 音楽は、冬が去って大地に春が戻り、万物が蘇って佛光が輝いていることを表現しています。花の仙女たちは美しいドレスを着て風に合わせて踊り、創世主とともに三界に降りてきて人間の文明を始めます。法を得たり、法輪功迫害の真実を理解したりした生命たちは、喜びをもって新しい時代を迎えています。すべての人々が創世主の無限の慈悲に感謝しており、大法の繁栄の時代はここで序幕を開けるのです。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/5/23/425936.html)
 
関連文章