私と娘を救って下さった師父に感謝します
■ 印刷版
 

文/海外の大法弟子

 【明慧日本2021年6月29日】私は幼い時に祖母に連れられて一緒に大法を修煉し、その後また母親と一緒に家で修煉し、常に週末は公園に行って煉功し、同修の家に行って師父の説法ビデオも拝見し、他の同修の交流を聞きました。私は学校に通うようになって間もなく、『轉法輪』が熟読でき、ひいては苦心して繁体字を学んだことがないのに、繁体字の『轉法輪』も読めるようになり、とても不思議でした。

 1999年7月20日、中国共産党(以下、中共)が狂ったように大法を迫害し始めた後、母は大法を続けて修煉していて、全工場で最初に大法の修煉を実践したため仕事を失い、2000年10月、また2回目に天安門に行ったため3年の不当な労働教養を下されました。その後、母はまた2008年北京オリンピックの時、拘置所に不当に監禁され、その時私は18歳でした。私は母を救うことと迫害制止活動を始め、何度も警察署に行って真相を伝え、差し押さえられた物品を取り返しました。そして警察宛てに手紙を書いて、彼に読んであげたことがあり、彼はとても感動し、手紙を自分の子供に残して見せたいと話しました。私は検察庁、裁判所に行って告訴状を渡し、同修は私を助けて母の最新情報を適時に明彗ネットに送りました。私は毎週いつも拘置所に行って母が確固として正念を守り抜くように壁を隔てて母に声をかけました。拘置所は郊外の山の上にあり、私は学校が終わった後、拘置所までの道のりの半分は明るい街の中でしたが、そのあとは田舎道で拘置所に着いた時は、あたりは暗くなっていました。山を下りる時は既に北部の冬の夜7時過ぎは、田舎の小道は一寸先も見えなくなりましたが、師父がずっとそばで私を保護して下さっていると堅く信じ、勇気を出してやっと1人で山を下りることができました。

 母が不当に判決を下された後、私と一緒に学法してくれる人がいなくなり、私も何かを変えることはできないと思い、それから懈怠し始め、毎日常人のような日々を送りました。迫害による精神的緊張から逃れたくて、だんだん大法から益々遠く離れましたが、私は終始、自分は幼い時から大法の中で育ち、私の生命は永遠に大法から離れられず、大法ととても深い縁があると思ってました。

 2015年、私は夫と結婚した後、国外に出て、現地に着いた翌日、正に神韻の公演がありました。母の望みを叶える為に、私達は神韻を見に行きました。そこで偶然、神韻の大型バスの担当だった同修に出会い、私達は興奮して神韻の大型バスと一緒に写真を撮りました。国外に来て何日も経たない間に、師父はすぐ私を同修に出会うように導いてくださいました。私達は現地の同修の住んでいる所と数十メートルしか離れていないことが分かりました。彼女達は私の為に正式に出版された『轉法輪』を送ってくれました。当時中国のような圧力は一気になくなり、何を見ても全部目新しく、数人の同修と一緒に住んでいた状況の下でも、私の中に再び修煉しようとする心が生じず、ある時はまだ常人の考え方で彼らの生活に疑問を持ち、英語の大法の新聞を皆と協力して配っても、依然として彼らはとてもつまらなく、ちっとも追求がないと思いました。

 私は毎日の仕事と、金儲けに忙しく、更に良い生活を夢見て過ごしていました。母は毎回、電話で私に大法の中に戻るようにと話し、私はいつも母に反抗して喧嘩をし、母にこれ以上言わないようにさせました。何回も電話を置いた後、以前迫害され、恐れおののく日々を思い出すと、いつも涙を流しながら心の中で師父に「師父、私を気に掛けないでください、私は修煉したくありません」というたぐいの話をし、師父はどれほど失望されたでしょう! それでも、私はやはり夫に「私は一生大法だけを信じ、大法だけが正法で、離れられず、何故なら私の価値観、人生観の全ては大法が私を助けて樹立でき、私は修煉しなくても、少なくともまだ良い人になることを目指しています!」と話しました。

 私は人生はつまりこういうことで、努力さえすれば生活は益々よくなると思っている時、早産で赤ちゃんが生まれ、娘が4カ月になった時、2回の誤診のため、長時間、脳への酸素不足が原因で、癲癇になりました。ICU(集中治療室)の医者は心の準備をしておくように伝え、私は天が崩れ落ちるような気持ちになり、自分の運命はどうしてこのように苦しいのかと思い、2回流産し、今回は子供を早産した上に娘が癲癇になり、医者ははっきり言いませんでしたが、多くの薬を使っても子供の癲癇は抑えられず、発作は続き、命の危険があると告げられました。家族は占い師のところに行き、幾人かは、みな正にこの1日か、2日の間に起こると話しました!

 母に電話をすると、母は私に求めるような口ぶりで、再び大法を信じ、子供に師父の説法の録音を聞かせるようにいいました。母は私に次のように話しました。「大法を信じると、あなたの背後は全部大法で、全て師父が側におられ、あなたは何を怖がるの? 私があなたを騙すと思うの?」

 それから私は、ICUで昼夜を問わず子供に師父の説法の録音を聞かせ、私もそばで聞いていました。当時私は医者の2回の誤診で、子供が適時に正確な応急処置を受けられなかったと思い、多くの弁護士に意見を求めました。すると皆が、このような状況はとても深刻で、訴訟を起こせば必ず勝ち、そして賠償金も数百万ドルに及ぶと教えてくれました。私は子供のために納得のできる結果を得ようとしました。しかし、説法の録音を1回、2回と聞いて、段々と心の中で無意識のうちに正に大法の基準に基づいて自分を計り、毎回師父の「物事の善し悪しは人間の一念によるものであり、その一念の違いによって異なる結果がもたらされることがある、とわれわれは言います」[1]を聞いて、自分は良くない考えを起こしたと思い、医者も故意にしたのではなく、彼らが訴訟に巻き込まれれば、心理的緊張を招き、他の子供への診察にも影響を与えるでしょう。私は既に大法弟子で、更に高い基準で自分に要求すべきであり、彼らを許すことを選びました。

 思った通り、子供はICUで8日間深く眠った後、病状が抑えられました。医者は、長時間の酸素不足で、大脳の後半部と中間部が元の状態に戻らない損傷を起こしたと言いました。しかし子供は目覚めた後、私を見て笑いました。私は娘が違う人になったように感じ、病院で28日間入院してからやっと退院し、保険を含め医療費は更に100万ドルに及びました。私は保障に関する問題を幾つかの新しい方法で始めようと考えましたが、私には師父がおられ、大法があるので、私の子供は必ず奇跡の赤ちゃんになる! と信じました。大法は子供に新しい生命を与えられたのです。

 子供が家に帰った後、私は又もう一つの困難に直面しました。子供は癲癇になってから飲み込む能力に障害が生じ、経鼻胃管を必要としました。大病の後、身体がめん類のように柔らかく、頭も上げることができませんでした。家に帰ってから私は娘にミルクを飲む訓練をさせる為に、本当に心身共に疲れ切ってしまいました。子供がロボットのように飢餓を感じないのを見て、食事の時間毎に経鼻胃管を通じてミルクを入れるのですが、本当にとても辛く、たえず急診を受けに行きました。子供はしょっちゅう遊んでいる内に自分で経鼻胃管を抜いてしまい、毎回再び挿すとき、子供は泣き、私も娘を抱いて泣きました。急診に数回通った後、医者は私に、子供の胃に穴を開け、外からチューブで食事を与えることを考えたことがありますか? と聞いて私は落ち込んでしまいました。私の赤ちゃんにどうしてこのようにできるのですか? 娘は未来の子供弟子ですよ! 我が家に来ただけで既に普通の子ではなく、娘はどうして1本のチューブに自分の命を預けることができるのですか? 私は「師父、私は子供を師父にお任せします。この子は師父の子供弟子です。この子をお救い下さい!」とお願いしました。

 大脳に損傷を受けてから、子供は飢餓を感じず、哺乳瓶でミルクを与えても飲まないので、2日間ミルクを飲まなくてもお腹が空いたのが分からず、その上いつも、自分で経鼻胃管を抜いてしまいました。ある日、娘が再び経鼻胃管を抜いた時、私は娘が口でミルクを飲むように訓練しようと決めました。国外の病院は人道に基づいて、看護師、医者が子供のお腹をちっとも空かせないようにしたからです。私達には大法があり、私達は超常的な人だと思い、私は注射器の管で娘に1滴ずつ飲ませ、口に入る1滴毎に子供はいつもぎゃーぎゃー泣き、このようにしても娘は飢餓を感じず、私は絶えず子供を抱いて「法輪大法は素晴らしい」、「師父、お願いします」と念じました。

 3日目の夜になって、私は不思議な夢を見ました。ある老人が私に筆で字を書く時使う昔からの硯(中国語で咽と同じ発音)を授けてくれるのを見て、夢から覚めた後、師父が子供に飲み込む能力を与えられたと悟りました。私は哺乳瓶を持って、子供に、母ちゃんは夢でお前に今飲み込む能力があるのを見たよ、試してみようと話しました。私が哺乳瓶でミルクを娘に飲ませようとして娘の口にもっていくと、娘は全部飲み切りました。

 これで私の自信が増しました。本当は師父がずっと子供を気にかけておられたのです。元々学法が精通できてないので、偶には、赤ちゃんがこんなに幼く、何も知らず、師父は娘を気にかけておられるか、どうすれば分かるのか? とても困惑しました。同修達はみな気にかけないはずがないでしょう? と話しました。しかし自分の悟りが結局追い付かず、心の中に疑惑があり、今思うと、やはり師と法を信じることが足りなかったのです。この後、子供に二度と経鼻胃管を挿入したことはありません。

 入院している時、子供が寝てから、全階の至る所に法輪功の資料を配り、彼らに中国で起きている法輪功迫害について話し、医者、看護師、患者は皆私の話を真剣に聞き、私は大法弟子で真相を伝えるべきだと思いました。その後奇跡が起きました。

 私が今回資料を配ってから数日、子供の飲むミルクの量が突然増し、半月後、子供がミルクを飲むのが完全に正常になりました。師父の慈悲なる救い済度で、再び子供が救われました。みな子供の進歩がこのように速い事に、とても驚きました! 医者に脳に損傷があると診断された子供が、なんと3カ月も経たない間に経鼻胃管を外し、言語聴覚士はテストを行い、子供にはこの方面のリハビリは要らないと判断しました!

 そればかりでなく、癲癇の発作も二度と起きたことはありません。経鼻胃管を止めた後、私はほぼ毎朝いつもベビーカーを押しながら公園に行って煉功しました。私は、毎日家で子守りをしても、大法の為に何もできませんが、煉功場に行くと法を広めることができるだけでなく、子供にも良いと思い、私は尚更怠けてはいけません。「われわれの煉功場は他のいかなる功法の練功場よりも素晴らしく、われわれの場は、そこへ行って煉功さえすれば、病気治療よりずっと効き目があります。わたしの法身がまわりを囲んで坐り、煉功場の上空には覆いがあり、その上に大きな法輪があって、『大法身』が覆いの上から煉功場を見守っています。その場は、並大抵の場ではなく、普通の練功の場とは違い、修煉の場なのです。功能を持つ多くの人はみな、赤い光に包まれて、一面真っ赤になっている法輪大法のこの場を見たことがあります。」[1]娘は生後8、9カ月でしたが、私が煉功している時ベビーカーの中で寝ていました。

 子供がよく食べない度に、或いは他の事が生じると、私はいつも師父の詩の「弟子正念足りれば 師は回天の力有り」[2]を暗唱し、自分を励ましました。毎回私はいつも師父は既に子供に飲み込む力を与えられたので、娘は必ず飲み込むことができる! と思いました。

 子供が病気になって6カ月後、脳神経科の医者も子供がこれ以上癲癇は起こさないと確認し、そして薬も要らないと認めました。これまで普通、癲癇の子供は少くとも2年間薬を飲んでから、徐々に薬の量を減らしていくやり方でしたが、今、自分の子供はとても健康で、よく話し、よく笑います。もし話さなければ、何が起きていたか全く分かりません。私は毎日いつも娘に師父の説法の録音を聞かせ、ある時はまた娘に『轉法輪』を読んで聞かせ、常に娘に「法輪大法は素晴らしい」と歌ってあげています。

 私は次のように思いました。娘も普通の常人ではなく、もしかすると長く久しい遥かな昔、私達が世に下りて来る前に、お互いに会ったら必ず相手に思い出させて、常人の中で見失わないように、必ず相手を引っ張ってくるように約束したのでしょう。今まで歩んで来て、大きな回り道をしましたが、大法から離れないでいて、どれほど良かったか! と思います。大法を離れて10年間、何も得ず、むしろかつてなかった多くの執着心を増やし、実に馬鹿馬鹿しいことでした。もし子供との遭遇がなければ、たぶんこの世で私は再び修煉しようとする心を持つことはなかったでしょう! もし自分がずっと法の中にいたら、何も起こらなかったでしょう。師父は私を見棄てられず、私の魔難を利用し、私と娘を救って下さり、私を再び大法の中へ呼び戻され、悪い事を良い事に変えてくださいました。同修も私に対して放棄せず、毎回私が求める時、いつも私を助けてくれました。

 師父のご恩に感謝を申し上げます! 同修に感謝します! 最後に師父の説法の一段落を皆さんと共有したいと思います。「人間の観念を放下したら、物質が何もかもなくなるということではなく、和尚のように、修道士のようになるということではありません。私が皆さんを常人の中で修煉させているので、皆さんは常人社会の状態に符合していなければなりません。つまり、あなたが本当に放下したのはその心です。人間がどうしても放下できないのはその心です。その心を本当に放下することができるようになった時、あなたは何も失っていないということに気付くのです」[3]「本当にその心を放下することができるようになった時、情況はすぐに変化し、考えは直ちに楽になり、身体にも変化が起こり、全身が軽くなります。この時振り返ってみれば、あなたは何も失っておらず、しかも本当に中国人が言った『柳暗花明又一村』のように、突然良いことがまた舞い戻ってきます」[3]

 以上は私の1年近い間の体得です。妥当でない処があれば、同修の慈悲なるご指摘をお願いし、私達が続けてしっかり実修し、最後の道をよく歩むことを願っています! 同修が毎日いつも昨日より、更に向上し、更に向上することを願っています!

 注:
 [1] 李洪志師父の著作:『轉法輪』
 [2] 李洪志師父の詩:『洪吟二』「師徒の恩」
 [3] 李洪志師父の著作:『北米第一回法会での説法』

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/6/8/426718.html)
 
関連文章