台湾の基隆市で法輪功迫害の実態を伝える
■ 印刷版
 

 【明慧日本2021年10月23日】台湾の基隆市、新北市汐止区、内湖地区の一部の法輪功学習者(以下、学習者)は10月17日(日)の午後、基隆の海洋広場で煉功を行い、法輪功迫害の実態を伝える活動を行った。

'图1~2:台湾基隆部份法轮功学员二零二一年十月十七日在海洋广场炼功弘法讲<span class='voca' kid='62'>真相</span>。图为炼法轮功第二套<span class='voca' kid='86'>功法</span>。'

17日、基隆の海洋広場で行われた活動

 基隆市は台湾の北部に位置し、三方を山にかこまれ、入り江が深く入り込んた基隆港があり、台湾北部の玄関口である。海洋広場は基隆の有名なランドマークの一つで、基隆駅、バスターミナル、東海岸商業広場などがある市の中心地である。学習者はここで美しくゆっくりとした煉功動作を実演し、多くの人が足を止めて見入っていた。

 ある基隆市民は、毎年基隆中元祭での学習者と天国楽団の壮大で華やかなパフォーマンスが素晴らしく、今でも記憶として残っている、しかし過去2年間、疫病の影響で中元祭パレードに法輪功グループを見ていないのが、非常に残念だと語った。

 台湾で働くインドネシア人の夫婦は、その場にいた学習者たちに、台湾で法輪功を修煉している人がたくさんいるが、インドネシアにも多くいるのを知っているという。学習者は彼らに、中国共産党による22年間にわたる学習者への残酷な迫害を伝えた。

 広場に母親に連れられて来た2人の可愛い子供がキックボードで遊んでいた。 無邪気な子供たちは、学習者の煉功実演を見て、思わず一緒に真似て煉功をし始めた。学習者はそばに行って、3人に煉功の動作を教えた。

 基隆の地形は北東季節風の影響を受け雨がよく降り、「雨の港の都」として知られている。この日の天候も悪く、午前中は雨が降ったり止んだりしていたが、学習者たちは活動現場に集まった。午後の活動時に雨が上がり、活動が終わった後、雨が降り出した。そのため活動は影響されることなく予定通りに進んだ。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/10/18/432661.html)
 
関連文章