台湾双北地区の学習者 師父に旧正月のお祝いを申し上げる
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年1月26日】(明慧記者=方慧、宋心明)中国の旧正月を迎え、台湾双北地区(台北市、新北市)の法輪功学習者(以下、学習者)は2022年1月16日、台北の自由広場に集まり、法輪功創始者の李洪志師父にお祝い申し上げ、手を合わせて 「師父、新年おめでとうございます!」と唱和し、師父の慈悲深い済度に感謝しました。

图1:台湾双北地区约千余名法轮功学员二零二二年一月十六日齐聚台北自由广场,向法轮功创始人李洪志大师拜年。

台湾双北地区の学習者約1000人が台北の自由広場に集まり、法輪功創始者の李洪志師父に新年のご挨拶を申し上げた

 その後、千人以上の学習者が自由広場で五式の煉功動作を実演し、法輪大法の殊勝さと素晴らしさを人々に伝え、同時に新年を祝福しました。

图2~4:千余名法轮功学员在广场上演示法轮功五套<span class='voca' kid='86'>功法</span>,向世人展现法轮大法的殊胜美好。

台北の自由広場で法輪功の煉功動作を実演

 法輪功は、法輪大法とも呼ばれ、「真・善・忍」を教えとする高いレベルの気功であり、1992年5月に李洪志先生によって中国から伝えだされ、すでに世界100以上の国と地域に伝わっています。法輪功は1億人の修煉の実践によって、高いレベルの修煉法であることを示しており、社会の安定と人々の身体と道徳の向上に計り知れないほどの良い役割を果たしています。

图5:吴慧玲看到法轮功能把人自私蛮横无理的习性,转变成温和敦厚、诚恳谦逊的高尚品德,她因而走入修炼。

イギリスのオックスフォード・ブルックス大学で国際経営学の修士号を取得した呉慧玲さんは、法輪功が人々の利己的、無礼、理不尽な習慣を、温厚、誠実、謙虚に変えることができる高貴な功法と知り、修煉を始めた

图6: 李小昆修炼法轮大法后,明白了人生和宇宙的真理,对健康、对很多事情的不确定感和担忧就消失了,人变得豁达。

テレビの司会者である李小昆さんは、法輪大法を修煉した後、人生と宇宙の真理を理解し、健康や様々なことに対する不安や心配が消え、心が広くなった

图7:长庚大学体育教师郑景文说,修炼后“凡事能站在对方立场去思考,在家庭或职场工作产生的矛盾也容易化解。”

長庚大学の体育教師である鄭景文さんは、修煉を重ねた結果、何事も相手の立場に立って考えられるようになり、家庭や職場で起こるトラブルも簡単に解決できるようになった

图8:忆缘和韵如与二个儿子向师尊拜早年,恭祝师尊新年好!

メディア関係者でもある憶縁さんと韻如さんと、2人の息子さんは、師父に新年のご挨拶を申し上げると同時に、人生において大法に導かれ、感謝に満ちている

图9: 周国明与妻子郁梅修炼后不仅一家四口和乐,整个家族气氛也变得融洽了。

食品製造の周国明さんと妻の郁梅さんは修煉した後、家族4人が幸せになっただけでなく、家族全体の雰囲気も和やかになった

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/1/23/437179.html)
 
関連文章