サンフランシスコの学習者 旧正月に法輪功迫害の実態を伝える
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年2月14日】サンフランシスコのフェリービルディングは、サンフランシスコ湾を横断するフェリー乗り場であり、ショッピングセンターでもある。エンバカデロと幹線道路の交差点に位置しており、毎週土曜日になると、フェリービルディングの隣と向かい側には、ファーマーズマーケットとフリーマーケットがあり、人々の往来が多くとても賑やかである。

 サンフランシスコの法輪功学習者(以下、学習者)たちは、毎月第一土曜日にフェリービルディングの前の広場にやって来て、集団煉功をし、往来する人々に法輪功を紹介し、そして法輪功迫害制止の署名活動を行っている。毎回多くの市民が立ち止まって集団煉功を見ており、中には功法を学びたいと言う人もいる。学習者は中国共産党(以下、中共)による法輪功迫害の実態を明らかにし、多くの人々は迫害制止をするための署名をし、法輪功を支持し、中共の悪行を厳しく非難している。

 2022年2月5日は、ちょうど中国の旧正月であり、正月初五にあたり、サンフランシスコの学習者たちはフェリービルディングの前の広場に集まって、穏やかな煉功音楽に伴い、法輪功の優美な五式の功法を実演した。

'图1~3:大年初五,二零二二年二月五日,旧金山法轮功学员来到了渡轮大厦前的广场上,伴着祥和的炼功音乐,展示了法轮功的优美的五套功法。'

フェリービルディング前の広場で法輪功の五式の功法を実演する学習者たち

'图4~5:过往行人正在了解<span class='voca' kid='62'>真相</span>。'

法輪功迫害の実態について聞いている市民

'图6:了解法轮功真相后的路人在征签表上签名。'

法輪功迫害の実態を聞き理解した後、署名する市民

 ジェームズ・リチャードさんは、学習者の煉功の実演の様子を見て、法輪大法に対して興味があると言った。そして、多くの問題について学習者に尋ねた。「こんなに良い功法なのに、どうして中国で煉功することができないのですか?」、学習者は「法輪功は中国で1992年に伝え出されました。病気治療と健康保持に対して著しい効果があるため、人々の口コミで広まりました。その当時、政府の統計によると、中国で1億人が法輪大法を修煉していましたが、その時の国家主席の江沢民は、多くの人が法輪功を修煉していることに嫉妬したため、学習者に対する迫害を始めました。今も続いているのです」と答えた。リチャードさんは深く同情した。そして「法輪功の功法を学びたいです」と言った。

'图7:詹姆斯·理查德(James Richard)正在认真地学炼功动作'

真剣に煉功の動作を学ぶジェームズ・リチャードさん

 学習者はリチャードさんに、その場で第一式の功法を教えた。リチャードさんはとても気持ちがいいと言い、真剣に煉功の動作を学んだ。畳扣小腹の動作をする時、「とても静かだと感じ、またエネルギーも感じます」、「私はサンノゼに住んでいますが、もうしばらくしたらサンフランシスコに引っ越す予定です。私はサンフランシスコに来たら、必ずゴールデンゲート公園へ煉功しに行きます!」と言った。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/2/8/438718.html)
 
関連文章