疫病が蔓延する中、台湾嘉義の学習者、法輪功の福音を披露
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年2月15日】台湾嘉義市の法輪功学習者(以下、学習者)は1月16日、有名な嘉義公園で煉功を行い、法輪功を紹介した。多くの市民は煉功の姿を見て和やかな雰囲気に包まれ惹きつけられた。

 公園の目立つところで法輪大法の素晴らしさを披露したほか、嘉義市にある各ワクチン接種センター周辺で、市民に資料を配布した。中国共産党(以下、中共)による法輪功に対する迫害の実態を伝えた学習者もいれば、街中で、法輪功を紹介するパンフレットと刊行物を配った学習者もいた。事実を理解した市民は学習者の勇気を称賛した。

'图1:二零二二年一月十六日,台湾嘉义法轮功学员在嘉义公园晨炼。'

嘉義公園で煉功する学習者達

 悠久な歴史を持つ嘉義公園で煉功 

 嘉義公園は中山路にあり、悠久な歴史を持つ。公園内では、古樹や古跡があるため、市民にとって散歩や、運動するなどとても便利な場所である。最近も多くの観光客が公園を訪れている。

 学習者の落ち着いた煉功の光景は毎朝の通勤車両、および観光客の注目を集め、さらに体の鍛錬に来た人も興味を示した。

 ある学習者は「人々に法輪功の素晴らしさを伝え、縁がある人に法輪大法の奥深い内包を理解してもらいたいです」と言った。

 街中で、法輪功を紹介するパンフレットを配布

'图2:嘉义法轮功学员在疫苗施打站发特刊讲<span class='voca' kid='62'>真相</span>。'

ワクチンの接種センター周辺で資料を配布し、迫害の実態を伝える学習者

 2021年9月の末から、嘉義の学習者達は嘉義各地のワクチンの接種センター周辺で、接種に来た市民、および周りの店舗に法輪功迫害の実態が書かれた資料を配布し事実を伝えた。学習者は街中で、法輪功を紹介する資料や、特集号などを配った。

 ある学習者は水上郷市場で資料を配布するとき若い女性に出会った。若い女性は親指を立てながら「疫病が流行っている中、あなた達は関心を寄せてくれました。法輪功は勇気と愛を持っています。法輪功の善良さに今やっと気づきました」と言った。

 1人の学習者が嘉義市の中正路で資料を配布していた時、衣類販売店のオーナーは、インターネットで中共による法輪功への弾圧について見たことがあると言った。彼は「中共は長年にわたって法輪功に対して酷い弾圧を加えています。あなた達は今までずっと堅持して来ました。法輪功は不思議な力があります。もっと知りたいです」と学習者に言った。

 学習者は個人的な修煉の体験を次のように述べた。「法輪功を修煉することは、病気治療の効果があるだけでなく、人が真実、寛容、平和、善なる性格に変わります。私は法輪功を修煉して以来、人生観も変わりました。私たちは法輪功から恩恵を受けているので、縁がある人に法輪功の素晴らしさを伝えたいのです」

 「皆に大法に同化してほしい」

'图3:嘉义法轮功学员晨炼后一起<span class='voca' kid='88'>学法</span>。'

煉功が終わり共に大法を学んでいる学習者

 嘉義公園で煉功に参加した学習者達は、煉功が終わった後、皆で一緒に『轉法輪』を学んでいた。その中の1人の学習者は「法輪功は宇宙の大法です。真・善・忍という最高基準を修煉し、恩恵を受けている私たちは、今まで反迫害の中、慈悲心を持ち、一歩一歩、歩んできました。私たちはこの法輪功の素晴らしさを人々に伝え、皆に同化してほしいと望んでいます」

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/1/17/436937.html)
 
関連文章