ロードアイランド独立記念日パレード 法輪功が参加
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年7月13日】第237回米国独立記念日の祝賀会が7月4日、ロードアイランド州ブリストルで開催された。例年通り、地元の法輪功学習者も参加した。

图1~3:二零二二年七月四日,美国罗德岛法轮功学员参加了罗德岛州布里斯托尔第237届美国独立日游行,向当地民众传播<span class='voca' kid='53'>大法</span>的美好。

7月4日、米国のロードアイランド州の学習者がブリストルで開催された第237回米国独立記念日のパレードに参加

 アメリカの独立記念日は、アメリカの伝統的な祝祭日を祝う。中共ウイルス(新型コロナウイルス)の影響で2年中断された。今年はこの祝賀イベントが再開されたが、観客の熱意は少しも衰えず、家族を連れて、早くから道路の両側にテントを張って座席を準備したり、パレードを見るのに最適な場所を選んだりしていた。

 例年通り、法輪功学習者のパレードは沿道の観客に歓迎された。法輪功学習者の隊列は、「法輪大法 」「真善忍」などの横断幕の隊列があり、美しい花車もあった。美しい音楽に伴って、2人の法輪功学習者が、法輪功の第5式の功法である「神通加持法」を実演した。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/7/8/445963.html)
 
関連文章