パリ中心部で署名活動 人々が真・善・忍に賛同
■ 印刷版
 

  【明慧日本2022年11月23日】法輪功学習者は10月29日の午後、再びパリ中心部のシャトレ地区を訪れ、前々回の土曜日と同様の署名活動を行った。

'图1:二零二二年十月二十九日星期六下午,法轮功学员在巴黎市中心夏特莱街区举办弘法、讲<span class='voca' kid='62'>真相</span>活动。'

10月29日午後、パリ中心部のシャトレ地区で法輪功学習者が煉功を実演

'图2:人们在展板前了解法轮功真相'

パネル資料を見たり、法輪功迫害の説明を聞く人々

'图3:了解真相的民众签字支持法轮功反迫害'

真相を知った人々が署名をして迫害停止を支持

'图4:来自挪威的奥斯陆哈罗德·拉森(Harald Larsen)先生和太太'

ノルウェーから来たハラルド・ラーセンさん夫妻

'图5:幼儿教师苏菲·雷威尔森(Sophie Reverchon,左) 来自斯特拉斯堡'

ストラスブールから来た幼稚園教師のソフィー・レヴェションさん(左)

 ソフィー・レヴェションさんは幼稚園の教師で、ストラスブール出身。昨日、彼女の長男が結婚し、今日は彼女の誕生日で、パリで法輪功に出会った彼女は「これは偶然ではない」と言った。

 彼女はさらに、「人の心は本来は善良なので、真・善・忍の美徳を持っていて、私たちはこのような美徳を発揚するべきで、抑止してはなりません。中共は強制的に真・善・忍を修煉している人々に放棄させており、必ず非難すべき行為です。私は署名して、すべての人道に反する行為に反対します」と述べた。

 ソフィーさんは「真・善・忍」の美徳に非常に同意した。彼女は、「真というのは、生活の中で人々は皆本心からのコミュニケーションが必要であり、私はできれば真実であるように努力します。善というのは寛大さや寛容さの美徳で、子供の頃に自然に身につけていくもので、いつの間にか皆忘れていたものです。私の名前はソフィーで、知恵という意味ですが、私はいつも忍耐できるわけではありません。私は60歳ですが、この社会で時々、怒り、嫌悪を感じます。だから私は忍を修煉して怒りの心を取り除かなければなりません。真・善・忍から始めなければなりません。これは一つのプロジェクトで、長時間が必要で、私たちは共に努力する必要があります」と言った。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/11/3/451452.html)
 
関連文章