修煉当初の驚きと喜びと精進ぶりを振り返る
■ 印刷版
 

文╱中国の大法弟子

 【明慧日本2017年4月2日】修煉当初の驚きと喜び、心の震撼は言葉では言い表せません。当時、私は大法に基づいて厳しく自分を律し、真相を伝え三退を勧め、資料配りに励み、とても精進していました。その時の様子を振り返って見ると、この数年間、当初には及ばない事を自ら嘆きました。それは安逸心によって怠けたのか、あるいは気を緩めたのか、それとも一部の同修と比べて、自分が精進していると勘違いして停滞したのか分かりません。ここ数年、三つのことをやってはいますが、しかし、当初の勢いがなくなったのは確かです。先月我が家にある同修がやってきて、一緒に法を学び、比して学び比して修して、自分の現状を恥ずかしく思いました。そこで、修煉当初の状態を書き出して、自分を励まし、修煉当初の状態を取り戻して残り少ない時間の中で一層精進し、もっと多くの人を救い済度しようと思いました。

 私は2004年に人の紹介によって大法修煉を始めました。最初に学んだのは『精進要旨』でした。もともと目が悪く、老眼、緑内障、近視、それに目がいつも痛くて、ものを見てもぼんやりとしか見えない私は『精進要旨』を読んだ後、ものを見る時に明るく感じ、影も消えてなくなり、この法は実に素晴らしいと思い、すぐに修煉に励みました。

 2カ月後、同修は200部の法輪功の資料を持ってきました。彼女は「師父はあなたと一緒に人を救うように、あなたを遅らせないようにと気付かせてくださいました」と言いました。同修の夫は軍人で、彼はバイクで私達を遠い村まで送ってくれました。私は小さい時から犬を恐れていて、同修と離れたくありませんでした。しかし、同修は、「私はこっちの道、あなたはあっちの道に行こう」と指示したため、仕方なく、私はひとりぼっちで歩きながら資料を配りました。とにかくこの大きな束の資料を早く配ろうと思いました。十数匹の犬に囲まれていましたが、私は犬を恐れることも忘れ、知らないうちに犬も去って行きました。

 さらに前へ進むと、1匹の黄色い犬が現れました。この犬は一軒、一軒の家の前で行ったり止まったりして、資料を配っている私を見ていました。私が一軒の家に配ると、この犬は次の家に進みました。進むうちに、数軒の家を通り越して止まらなかったため、じっと見ると、すべて鍵がかかっていて留守でした。犬が行くところはすべて人がいましたので、私はやっと、この犬は私を案内してくれているのだと分かりました。そこで、私はこの犬の後について、資料を配り、ずっと村の出口の最後の二、三軒まで配りました。すると、犬も消えていなくなりました。

 ここはとても大きな村でした。私は道も知らないため、師父は私が道に迷わないように、黄色い犬に道案内をさせて下さったのです。

 2005年に『世間に向かって輪を回すの経文が発表され、中国で三退の大潮流を引き起こしました。私は親戚や友人に三退を勧め、ある日、帰省した時、夫の協力のもとで、1日に40人以上三退をさせました。それから、私は大いに自信を持つようになり、時間さえあれば三退を勧めに出かけ、時には1人で行き、時には同修を誘って行き、最後に、学法グループ全員で三退を勧めに出かけました。午前中、私は家事をこなし、午後、出かけて三退を勧め、村から村へと順番に進みました。数日間三退を勧めに出かけなければ、師父は夢の中で早く人を救うおうに気付かせて下さいました。いつも同修と協力して三退を勧め『九評』を配りました。何度も私達が配った『九評』と法輪功の資料から青色の光が放射しているのを見ました。資料を配る時、私は紺色のジャンパーを着るのが好きでした。大きなポケットにはたくさんの真相資料が入るからです。一度、私の紺色のジャンパーが光っているのを見て、資料を取り出したら、資料が光っていることが分かりました。

 当時、私は法を学んでまだ数カ月しか経っていませんでした。その時、資料を配るにしても、三退を勧めるにしても、いずれもとても良く行っていました。何年も修煉していた同修から「どうしてそんなに上手に真相を話せるのか、どうしてあなたが勧めると皆はすぐに三退してくれるのか」と聞かれました。「真相を話す時『正念を持って正しく行い、人心は要らず、神の念で人を救おう』と念じれば、効果がとてもいいのです。勧めればほとんどの人は退くのよ」と答えました。

 法を得た最初の数年間、法をしっかり学び、心性をしっかり高めれば、資料を多く配ることができ、三退を多く勧めれば、自分は飛躍的に向上し、法理を絶えず私に示してくださり、夢の中でも自分がロケットに乗って上へと突き進んでいるように感じました。その頃は、私が全身全霊で法の中に溶け込んでいる最高に楽しい時期でした。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/3/23/344627.html)
 
関連文章