2021年海外大法弟子 オンライン法会の原稿募集のお知らせ
■ 印刷版
 

 【明慧日本2021年3月27日】法輪大法佛学会は本日より2021年海外大法弟子のオンライン法会の原稿募集を開始し、同修の積極的な投稿を希望します。

 中共ウィルスの感染拡大により、2020年は大規模な国際法会を行いませんでした。数多くの海外大法弟子が特殊な環境の中でいかに時間を大切にして衆生を救い済度し、精進を保持しているかについて、たくさんの体験があると思います。現在、各国で旅行や集会の制限が解除されていないため、海外大法弟子のためにオンライン法会を開催し、お互いに交流して学び比べ、修め比べる機会を提供してほしいという同修の要望が多数ありました。

 去年から、時局の情勢は絶えず変化しています。邪悪はもう道の突き当たりまで来てしまいました。大法弟子はこの肝心な時期に、師が法を正すことを手伝い、衆生を救い済度する責任をさらに果たさなければなりません。海外の同修は、いかに大法の中で修煉しているか、三つのことをいかにしっかりやっているかについて心を込めて原稿を書いてください。例えば、「異なる環境と条件に直面し、いかに積極的に真相を伝え衆生を救い済度したか」、「どうやって観念を変えて、修煉者として困難に対処したか」、「同修の協力の中、いかに自我への執着を放下して、他人を先に自分を後にできたか」、「世間が乱れている中、いかに法を師として理性を保ったか」、「どうやって安逸心を克服して、修煉が最初の頃のようにできたか」などです。

 投稿の募集対象は、海外に住む大法弟子のみです。

 大法のプロジェクトに参加している同修は、原稿の中でプロジェクトの具体的な情報を書かないようにしてください。

 投稿Emailアドレス:paper2021@acosm.com

 投稿者は、名前、職業、住んでいる国と都市、電話番号、Emailアドレスを明記してください。中国語と英語以外の言語は、中国語の翻訳も提出してください。投稿の審査をする学習者の負担を軽減するために、投稿については何文字かを修正して再び投稿したりしないように、一回でお願いします。

 投稿の募集は本日より開始し、締め切りは2021年5月20日となります。採用された原稿は、6月の明慧ネットに掲載される予定です。

                              法輪大法学会
                              二零二一年三月十九日

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2021/3/20/422339.html)
 
関連文章