「第19回中国大法弟子修煉体験交流会」の原稿募集のお知らせ
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年8月15日】明慧編集部が主催する「第19回中国大法弟子修煉体験交流会」について、本日より原稿の募集を始めます。

 法輪大法が広く伝わって30年、法を正す修煉が23年なりましたが、この宇宙のある空間では手を振る瞬間のように瞬く間に過ぎ去るかもしれず、しかし地球上では新しい宇宙の大覚者を修煉するのに十分な時間となっています。法が天体を正すことはすでに終了し、現在法がこの世を正すことに移行する中で、人類社会の激動が始まった今、大法弟子が如何に修煉を初志貫徹し、無私無我の次元まで修煉の道を登り続け、如何に機会を掴んで衆生を導き、帰り道を見つけさせることができるかは、人類と宇宙の未来にとって極めて重要なことです。

 明慧ネットは全世界の大法弟子の交流プラットフォームであり、中国本土の大法弟子が毎年行われるネットでの修煉体験交流は、国内外の大法弟子にとって大切で期待するひとときとなっています。中国本土の大法弟子が積極的に寄稿し、一つひとつの常人の観念を捨てて神に向かう経験や、修煉の次元を高める過程で、世人に真実を理解させた事例を分かち合うことを希望します。

 大法弟子の人から神への道、衆生が救われ、大法の無量な慈悲と威徳を現しています。修煉体験の原稿を書くことは修煉の一部となっています。私たちは尊敬と純粋な心で書いた修煉体験は、宇宙に記録されています。自分の歩んできた道を振り返り、大切にすることは、より自分の正念を強め、より着実に修煉の道を確実に歩み、同修への大きな励みにもなります。

 文章の焦点は明晰で、清潔で、正直で、心からのものでなければならず、スローガンを叫んだり、責任を果たすためにごまかしたり、口を開けば共産党文化の習慣は捨て去らなければならません。最初から現在までの修煉の道のりをすべて書く必要はなく、長年にわたる自分自身の修煉の様子や、疫病が発生して以来の修煉の中で最も深い経験を1~3つ選んで書けばよいです。

 私たちは毎回の法会を大切にし、慈悲深い師父に報告を申し上げ、同修の皆さんとともに精進しましょう!

 投稿の方法と注意事項:

(1)投稿期日:2022年8月9日より開始し、締切は9月15日とします。原稿に対する見直し、修正、改善する時間を確保するために、早めに書き始めてください。編集部での処理に十分な時間を与えるため、なるべく8月末までに原稿を送付してください。

(2)原稿の募集対象は中国本土の大法弟子のみとなりますので、投稿の際には所在する省を明記してください。

(3)文章の文字について、同修が原稿を書き、整理と原稿を送付する時、読者が文章を読んで故事のストーリーを理解することができるようにし、また安全面にも配慮してください。

(4)投稿の際には、タイトルに「法会投稿」と明記してください。そして中国法会投稿専用メール: fahui@minghui.org まで送付してください。

明慧編集部    
2022年8月10日   

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/8/10/447457.html)
 
関連文章