カナダトロントで脱党カーパレード 疫病の退治方法を伝える
■ 印刷版
 

 【明慧日本2021年7月11日】(トロント=明慧記者)カナダ・トロントの一部の法輪功学習者(以下、学習者)は6月26日正午、カナダ・マーカム市の太古広場で、「中国共産党(以下、中共)を解体し、迫害を終わらせる」集会を行い、そのあと車を用いたパレードを開催した。 中共ウイルスが発生して以来、1億8000万人が感染し、390万人以上が死亡した。この世界中に蔓延したパンデミックの中で、人々、特に中国人がどうすれば乗り越えられるかを、学習者はイベントを通して伝えた。

'图1:二零二一年六月二十六日中午,多伦多部份法轮功学员在万锦市的太古广场,举行了“解体中共,结束迫害”的集会。'

太古広場で「中共を解体し、迫害を終わらせる」集会を行う学習者たち

'图2:集会结束后,约40辆车分4个游行车队,分别在士嘉堡、万锦市、北约克、列治文山等地环游,向民众传播<span class='voca' kid='62'>真相</span>。'

集会のあと、市民に真相を伝えるために行われた車のパレード

 感染者「三退と心からの九文字のおかげで、私は死から生還した」

'图3:来自大陆的刘任介绍了他如何染上病毒,后来康复的经历。'

劉仁さん

 中国出身の劉仁さんは、集会でウイルスに感染してから回復するまでの経緯を語った。劉さんは、今年1月末に新型コロナウイルスの検査で陽性になり、2月上旬に突然重篤な症状が現れたため、再検査を行ったところ、新型コロナウイルスのイギリス変異型(B.1.1.7)に感染していることが判明した。15日間、集中治療室で人工呼吸器を使って命を維持した劉さんは、ようやく回復して3月16日に退院できたという。

 その間、彼はどのような経験をしたのだろうか。

 「ICU治療室で昏睡状態に入った十数日間、多くの夢を見ました。詳しいことは覚えていませんが、学習者が教えてくれた『心からの九文字』と神韻を観賞した夢をはっきりと覚えています。誰が私の命を救ってくれたのか、よくわかりました」と劉さんは話した。

 「ある日、心からの九文字(法輪大法好、真善忍好)を念じた時、医師が『今日、管を抜いて家に帰っていいよ』と言ったのを聞いた気がしました。 それから、また寝てしまいました」

 2019年末、劉さんはカナダの空港で学習者と出会ったことがあり、法輪功のことを紹介され、帰宅した後、ネットで法輪功の煉功を探した。「太古煉功場に行ったとき、学習者たちは私の『三退』を手伝ってくれました」と劉さんは話した。

 退職した幹部「中共は非常に腐敗しており、それから離れることは邪悪から遠ざかること」

'图4:曾是中国银行退休处级干部的阎佩霞女士在集会中发言。'

閻佩霞さん

 中国銀行の元幹部である閻佩霞さんは、集会で「私は30年間、中共の体制内部で働き、中共の腐敗を目の当たりにすることができました。今、中共は世界中で中国がいかに発展しているか、いかに輝かしい成果をあげたかを公言していますが、実は都市を建設して都市を腐敗させ、人間を教育して人間を腐敗させ、中共はすでに芯まで腐敗しているのです。ですから、そこから脱退すれば、きれいになります」

 「真・善・忍に従って実践することは、人間としての最高の境地ではないでしょうか。法輪功は真・善・忍に従って、人々に良い人になることを教えており、これは何よりもよい教育です。中共が国家機関を用いてこれらの人々を迫害するというのは、本当に信じられません。迫害のため、多くのでっち上げた罪名を学習者に着せ、非常に卑劣であり、これらのことは許されないものです。ですから、中共から離れることは、邪悪から遠ざかることです」と述べた。

 中国出身の芸術家「この集会に出会えたのは本当にご縁です」

 カナダに移住して5年目の葛さんは、かつて上海で芸術創作の仕事をしていた。葛さんは「今日、この集会に出会えたのは、本当にご縁です。私は実名で三退しました」と嬉しそうに話した。

 また、「中共は本当に邪悪すぎて、国民を弾圧することは中共の特徴であり、中国の国民は最も可哀相です。中共の支配下での生活は本当に大変で、その暗黒さは言葉では言い表せないほどであり、早く崩壊してほしいです。私は上海で芸術創作の仕事をしていましたが、言論の自由はもちろんのこと、すべての創作がその意向に従わなければなりませんでした。法輪功への弾圧を前から知っていたので、私はあなた達の活動を支持します。あなた達は最も正しいことをしていますよ。邪悪が正義に勝つことはありません!」と葛さんは言った。

 トロント市民「中共の暴行について聞いたことがある」

'图5:多伦多居民曼尼(Manny)先生来自菲律宾'

フィリピン出身のマニーさん

 トロントに住むフィリピン出身のマニーさんは、「中共についてよく知っています。私はフィリピン出身です。中共はフィリピンに浸透し、今ではアメリカや台湾にも浸透しています。 迫害が起きているのは、中共が邪悪だからです。この横断幕に書かれている『中共を解体せよ、正義は必ず勝つ』という言葉に共感しました」と話した。

 疫病を退治する方法 「三退と心の九文字を念じることである」

'图6:疫情以来一直在给海内外的中国人讲真相的法轮功学员刘女士在集会上发言。'

学習者の劉さん

 疫病が発生して以来、ずっと国内外の中国人に真相を伝え続けてきた劉さんは、集会で次のように述べた。「疫病を乗り越えるために、中国人には二つの方法があります。それは、『三退』を選択することと、『法輪大法は素晴らしい、真善忍は素晴らしい』を念じることです」

 「今回の武漢肺炎の発生は、自然災害よりも酷く、中共がもたらした人為災害です。今、すでに3億7900万人以上の中国人が三退しました。これらの人々は、中共の恐怖から解放されただけでなく、この疫病を乗り越えられるのです。中共が行ったことは、人間の道徳アンダーラインをはるかに超えたものであり、神はそれを滅ぼそうとしています。三退を選択することは、善良や正義を支持し、邪悪から離れることです。『法輪大法好、真善忍好』という心からの九文字は強力な正のエネルギーがあり、心を込めて念じれば、大劫難を前に命を守ることができます」と言った。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/6/28/427528.html)
 
関連文章