高雄の景勝地・蓮池潭で法輪功紹介イベント
■ 印刷版
 

 【明慧日本2021年11月24日】(台湾高雄=明慧記者・孙柏、苏容)最近、台湾での疫病流行は鈍化し、政府は野外活動の人数に対する制限も緩和したため、休日は景勝地での観光客が増加している。

 11月14日午後、高雄の一部の法輪功学習者(以下、学習者)は、高雄の有名な景勝地である「蓮池潭(レンチタン)」に行き、そこで法輪功迫害の実態を人々に伝えた。また煉功をして、功法を広め、法輪功の健康効果を紹介した。イベントでは、腰太鼓チームの演奏、法輪功の五式の功法の実演が行われた。穏やかな煉功場面は、立ち止まって見ている人、通りすがりの人々を魅了した。また多くの人が足を止め、チラシを受け取ったり、真実を理解したり、写真を撮ったりし、中にはその場で煉功を習う人もいた。

'图1~4:二零二一年十一月十四日下午高雄部份法轮功学员,来到高雄著名风景区“莲池潭”弘法传<span class='voca' kid='62'>真相</span>,活动中有腰鼓队表演以及五套功法演示,祥和的炼功场吸引不少路过民众驻足观看。'

法輪功の功法を実演する学習者

'图5~6:游客及在地人对法轮功都很有兴趣,被祥和的炼功画面吸引,驻足观看,有的拍照留念,或接过真相传单,聆听法轮功的真相。'

学習者から資料の説明を聞く市民

 穏やかな煉功場面は、縁ある人々を惹きつけた

 休日、高雄の学習者が蓮池潭で功法を実演し、法輪功迫害の真実を伝えるイベントを開催した。通りすがりの観光客や地元の人は法輪功に興味を持っており、外国人の父と娘は、煉功はどのように学ぶのか、どこで練習するのかを尋ねに来た。また、4人の若者たちは、資料を受け取ったことを喜び、携帯電話を持って穏やかな煉功場面を撮影した。

'图7:路过游客对法轮功颇有兴趣,其中一位西人父女游客特别向学员询问法轮功的学炼方式和炼功点。'

外国人親子が法輪功の煉功や煉功場所について尋ねた

'图8:四位年轻人很高兴接受真相资料,并拿起手机拍下炼功的祥和画面。'

学習者から資料を受け取る4人の若者

 料理人「法輪功についてもっと知りたい」

'图9:一位常在莲池潭四周步行运动的餐饮业厨师,被纯净的炼功画面吸引驻足观看,并表示他回去会再上网深入了解法轮功。'

資料説明を聞く料理人

 蓮池潭の近くに住んでいる飲食業のコックは、毎日仕事の後に池の周りを歩いているという。龍虎塔(リュウコトウ)の前を通り、大勢の法輪功学習者が腰太鼓の演奏や、煉功しているのを見て、この純粋な光景に魅了され立ち止まって見ていた。

 学習者の一人が彼に資料を渡し、簡単に説明をした。彼は、「コックの仕事はとても忙しいのですが、法輪功にとても興味があるので、帰ったらインターネットで詳しく調べてみます」と言った。

 蓮池潭の管理人「仕事を終えたら練功を教えてもらいたい」

'图10:莲池潭风景区新任管理员吴先生(左)前来龙虎宝塔前广场了解法轮功'

蓮池潭の管理人・呉さん(左)

 蓮池潭の新しい管理人である呉さんも、学習者の煉功を見るために龍虎塔前の広場に来て、腰鼓隊の演技や五式の功法の実演を熱心に見ていた。

 学習者が彼に説明すると、呉さんは「仕事が終わったら、また煉功を教えてもらいたい」と話した。

 エンジニア「法輪功の心地よいエネルギーを感じる」

'图11:工程师殷先生因腿伤请休假,顺道来莲池潭看风景,在此巧遇法轮功弘法。他模仿着跟大家炼了一会儿'

煉功の動作を真似ているエンジニアの殷さん 

 エンジニアの殷さんは、法輪功の資料を手にし、しばらく煉功の演技を見ており、いつの間にか学習者と一緒になって煉功していた。足を痛めて休暇中だった殷さんは、たまたまここで法輪功の活動に出会った。

 また、殷さんはしばらく習っていたら、体中が熱くなり、上着を脱いで煉功を続けた。彼はまだ正しい動作が出来ていないのに、すでに法輪功の快適なエネルギー場を感じたという。法輪功は正のエネルギーに満ちていると学習者が言うと、彼は同意し、またそれを感じたと話した。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/11/16/433689.html)
 
関連文章