大阪の北ボラ祭りで法輪功を紹介
■ 印刷版
 

 【明慧日本2023年12月3日】日本の法輪功学習者は11月19日、大阪市北区区民センターで開催されたボランティア祭りに参加した。祭りでは人々に法輪功の功法を紹介し、中国共産党により迫害を受けている事実を伝えた。学習者はステージで五式の功法を実演し、腰太鼓隊による演奏は市民たちに好評を博した。

图1:二零二三年十一月十九日,法轮功学员在大阪市北区区民中心举办的年度庆典活动中设立了展位,传播法轮功的<span class='voca' kid='62'>真相</span>。

ボランティア祭りで設置した法輪功のブース

图2:学员们在舞台上展示功法。

ステージで功法を実演

图3:学员们在舞台上表演腰鼓。

ステージで腰太鼓の演奏を披露

 大阪北区区民センターは2010年以来、法輪功学習者に無料で功法を教えるための教室を提供し、多くの人々がこの場所で法輪功を学び、体験した。当日の朝すぐに市民は法輪功のブースにやって来て、真剣にパネル資料を見る人や、法輪功の情報を求める人が多くいた。

 大阪市北区は大阪市の政治、経済、文化交流の中心である。毎年参加する北区ボランティア祭りは、公益事業と慈善事業に献身する地域の市民団体である。例えば手話や、子供とのコミュニケーションの取り方など相談を無料でしていたり、大衆娯楽の日本相声(落語)や、朗読会など、法輪功団体もその中の一つである。

图4:学员在教对法轮功感兴趣的日本居民学炼动功。

興味を持った市民が法輪功の功法を学ぶ

 活動の中で、法輪功学習者はブースを設置し、人々に法輪功を紹介したり、蓮の花の折り方を教えたりした。また、ステージで五式の功法を実演している時、ステージ下の多くのスタッフも一緒に動作を学んだ。ある男性は煉功を学んでから、身体が軽くなったと言った。またある年配者は現場で第一功法を体験してから、腹部で何かが回転しているのを感じたそうだ。

图5:长山先生在真相展位看<span class='voca' kid='53'>大法</span>真相资料。。長山さんはブースで資料を読んでいる

 子供を連れて当日来場した長山さんはブースで資料を読んでから、彼は以前法輪功の情報を少し知ったことがあると言い、しかし今だに中共による迫害が継続しているとは思わず、このように凄惨なことは許すべきではなく、絶対に容認できることではないと言った。

图6:中村先生和吉川女士

中村さん(左)と吉川さん(右)

 手話ブースの中村さんと吉川さんは興味津々で法輪功のブースに来て、以前法輪功について聞いたことがあると言った。

 また土岐さんは、法輪功学習者への迫害が早く停止し、世界が平和になることを心から祈っていると言った。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2023/11/28/468731.html)
 
関連文章