ローマの大疫病は なぜ突然 消え去ったのか?
■ 印刷版
 

 【明慧日本2020年3月30日】

 ローマ帝国の衰亡の原因

 ローマ帝国は今まで最も長く続き、民族と文化が最も多様化した帝国である。人口は一度1.2億人に達したことがあり、その領土の広さは、インドクジャク帝国と中国の漢帝国を併せた面積よりも大きかった。しかし、キリスト教徒に対する悲惨な迫害が、この強大な帝国の運命の転換点となった。疫病が猛威を振る中で、西ローマ帝国は5世紀に蛮族に簡単に征服され、4回目の疫病の中で2500万人~5000万人の東ローマ帝国の人口が減少し、国はそれから見る見るうちに衰退していった。

 最も悪名高いローマの皇帝ネロは、西暦64~65年間キリスト教に対して迫害した。当時のローマの数人の歴史学者の記載によると、西暦紀元64年7月18日の夜、ネロは新しい都市・ローマを建設するため、わざと放火し、その罪をキリスト教徒に転嫁した。ネロの指示の下で、キリスト教徒に対する様々なデマが広く伝わっていった。教徒たちは赤ちゃんを殺し神に祭り、そして、その肉を食べて血を飲み、発狂して乱倫を行なったなどとデマを流し、社会上の悪行の全てをキリスト教徒に着せた。

 古代ローマの歴史学者タキトゥスは『編年史』の中にこのように記載した。「皇帝の個人のスポーツ競技場で、キリスト教徒たちは獣の皮を被せられ、ライオンに無残にも噛み殺された。また、他のキリスト教徒たちは十字架に縛り付けられたまま、夜の灯りとして松明の火とされ焼き殺された。御者の服装をして変装した暴君ネロは、一般市民の中に混じって、これらの痛ましい光景を見物した」

 4年後、ネロは殺された。紀元65年、ローマでひどい伝染病が流行し、記録によると3万人もの命が消え失せた。

 その後、ローマ帝国では相前後して10人の皇帝が、キリスト教徒に対して残酷な迫害を行なった。迫害によって恐ろしい報いに遭い、相前後して、また3回の疫病がローマを襲った。そのひどく痛ましい光景は言葉ではとても言い表せないものであった。

画家描绘的瘟疫(1630年,法国画家Nicolas Poussin)
1630年、フランスの画家 ニコラ・プッサンが描いた疫病の街の光景

 『聖徒伝』の作者、歴史学者ジョン・フォックスは、次ように書き記した。

 「埋葬する者がいないため、死体はどれもこれも裂けて腐乱し、大通りで晒されたままになっており、腹部は大きく腫れ上がり、開いている口からはしきりなしに膿汁が噴き出し、目は真っ赤で、手は上の方に高く挙げたままで、死体が折り重なって建物の隅、街の中、庭のエントランスおよび教会堂の中は死体だらけの状態となった。また、霧の中で海に浮かぶ船の中、あるいは、神の怒りにふれた罪深い船員達が、波の間に間に浮かび漂う墓場となった」

 「周りの野原に白くなったまっすぐに立っている穀物を、刈り取って貯蔵する人は誰一人としていなかった。ヤギの大群や牛、ブタの家畜はすでに野生動物と化し、これらの家畜は放牧した人間の声すら忘れている。コンスタンチノープル(※)の街でも死亡者数は計り知れず多く、死体は街中に積み上げられ、都市全体が悪臭を放っていた」

 「あの繁栄を誇ったローマ帝国のすべての王国、すべての領土や地区、すべての強大な都市は見る影もなく廃墟と化し、全市民は皆があの恐ろしい疫病に翻弄された」

 当時、人々は人類の知恵をすべて使い尽くし、思い付いたすべての方法を用いて対抗したが、猛威を振るう疫病を食い止められず、極度に絶望し、どうすることも出来ないまま死を待っていた。その時、慈悲なる神佛は、人々に啓発を与えた。

 西暦680年、人々は次第に目覚め、統治者のキリスト教徒への迫害や、社会の道徳の堕落に対して厳しく非難し始めた。ローマ市民は次から次へと家を出て、キリスト教徒セバスチャンの遺骨を持って捧げながら大規模なパレードを行ない、敬虔な心で神に懺悔した。人々の敬虔な心を見て取られた神は、許してくださり、それからローマの疫病は徹底的に消え去った。これらの事は現代科学でも、今なお、解明することが出来ていない。

 ローマ城の奇跡は多くの周辺の国をも目覚めさせた。人々はすべて次から次へとセバスチャンの聖骨を恭しく祭り、各自で敬虔な気持ちで懺悔した。また、西暦1575年ミラノと1599年リスボン両地の大疫病が蔓延した時にも、住民たちは聖骨を捧げて誠意に懺悔し、市内を巡ってパレードをし、疫病はストップしたのである。

 歴史を戒めとする

 人類の歴史は絶え間なく繰り返されている。私達は時空のトンネルを通じて、2000年前から今日の中国を見てみると、驚くほど類似しているストーリーを発見した。

 中国共産党の首魁・江沢民は、当時のローマ帝国皇帝の暴君ネロと極めて似ていた。江沢民は法輪功を迫害するため、国民経済の収入の4分の1を惜しまず使用した。迫害の当初、3カ月以内に法輪功を消滅させると公言し、法輪功学習者に対する迫害政策は、「その名誉をおとしめ、その経済を断絶させ、その肉体を消滅させる」であった。

 中国共産党は法輪功を迫害する目的を実現するため、2001年1月23日(大晦日)の午後、天安門広場で5人の焼身自殺「突発」事件を起こした。事件が発生して2時間も経たないうちに、当局の新華社は尋常でないスピードで、世界各国に向けて英語版ニュースを発表し、かつ「この焼身自殺者5人は法輪功学習者である」と断定した。それからこの事件を全国のすべてのラジオ、テレビ局、各大手メディア、新聞、全面的に報道し、国家機関を利用してでっち上げた番組を繰り返し放送し、全中国・国民を毒害した。

 「VOA」の記者が真偽を確認するため、北京公安局と公安部に電話をかけて確かめたところ、この事は知らない、と返答があった。

 2001年8月14日、国連人権擁護附属委員会53期の会議で、天安門焼身自殺事件は、その場で暴き出された。国際教育発展組織(IED)は「我々の調査によりますと、本当に生命を殺害したのは中国共産党の当局です……われわれは焼身自殺事件のビデオを入手しました。スローモーションで分析した結論をいうと、この全事件は政府が一方的に監督して演じたものです」と発表した。確実な証拠の中で、中国共産党代表団は返答に窮し、反論しなかった。

 20年来、中国共産党の党首は何人も交替したが、法輪功学習者に対する迫害は一度も停止したことがない。中央から末端組織まで、軍隊から地方まで、武装警察から公安まで、各階層のどこにでも法輪功学習者を迫害する部門を設立した。留置場、労働教養所、刑務所から法制勉強クラス(洗脳班)まで、すべてが法輪功学習者を残虐に迫害する場所となった。

 明慧ネットの統計によると、現在に至るまで、迫害により名前が確認されて死亡した学習者だけでも4363人おり、まだ確認されずに負傷し障害を負い、一家離散し、路頭に迷った学習者は計り知れないほどの数に上る。

 さらに恐ろしい罪悪は、中国共産党が全国の軍隊と病院を連携させ、秘密に臓器をビジネスとし、法輪功学習者の臓器を生きたまま強制的に摘出していることである。2006年、カナダの国際権弁護士のデビッド・マタス氏とカナダ外務省前アジア大洋州局長のデビッド・キルガー氏は、共同で「血まみれの臓器狩り」の研究報告を編纂し、52種類の証拠に基づき対比しながら検証を行ない、法輪功学習者からの臓器狩りは紛れもない事実である、と発表した。その上、「これはまさに、地球上で行なわれている未曾有の邪悪な犯罪です」と語った。

 本文では、法輪功学習者が受けた迫害について、真実でもっと詳細な情報を紹介できないが、以上に上げた僅かな事例からもわかるように、中国共産党と江沢民の行為がローマ帝国の暴君ネロに比べてみても、勝るとも劣らないことが見て取れる。

 中国共産党は絶え間なく中国の国民に災難をもたらした。今回、ぜひに中国共産党と仲間にならないように、中国共産党と一緒に災難に巻き込まれないように忠告しておく。あなたに信仰があるかどうかに関わらず、神佛は人の心だけを見ておられるのだと思う。中国共産党の組織から脱退し、「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」と心から念じれば、あなたはこの災難をきっと乗り越えられるだろう。

 皆さんの幸運をお祈りする。

 (※)コンスタンチノープル(東ローマ帝国の首都であった都市で、現在のトルコの都市イスタンブールの前身である)

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2020/2/6/400764.html)
 
関連文章