感染リスクの高い人達は--お金で命を買う者
■ 印刷版
 

 【明慧日本2023年1月23日】コロナウイルスは、中国で現在も深刻な感染症を発生させている。三年間経ったいま、多くの人々が中国共産党(以下、中共)及び中共の支持者に感染リスクが高いことを知っている。実は、他の角度から見ても、法輪功学習者(以下、学習者)の臓器を売買する者や、役職やお金の為、そして江沢民について法輪功を迫害している犯罪者も、感染リスクの高い人なのである。

 例えば、ある人達の「高寿命」と「回復」は狂気じみており、殺人や金で解決させたのである。そういう人は何歳になっても、どんな状況下でも、いつ疫病で死ぬかは分からない。人間はコロナウイルスの散布する方式をコントロールできないのである。買ってきた臓器は疫病の中で弱まったり或いは体の免疫機能を停止させたりし、臓器が悪いのではなく、その人が法輪功迫害に関与したため、業力が多くなったのである。

 学習者の臓器狩りに関与している医師たちの多くが「儲かるのであれば少々はやっても平気」だと思い、自分が殺されるころには、中国の医者は基本的に絶滅しているのです。本当は誰がやっても犯罪になるし、お金も命のやりとりになるのです。臓器狩りに関与した医者はもはや理性を失った罪悪な人であり、獣にも劣り、既に悪の報いの対象となり、神がいつ彼らを捕まえるかは時間の問題である。

 現在、中共は死亡証明書を厳しく管理し、本当の死因を書かず、しかしこの隠蔽工作は人の目を隠すことができるが、疫病が命を奪うことを止めることはできない。

 人を殺した者は命をもって償い、借金をしたら返済しなければならない。悪事を行えば、一時的には逃げおおせるが、結局は捕らえられるのである。新世界の到来は、罪を犯した者は見る資格がないのである。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2023/1/14/454896.html)
 
関連文章