西オーストラリア多元文化祭 法輪功迫害に反対の市民が署名(写真)
■ 印刷版
 

 【明慧日本2016年3月15日】西オーストラリア・ビンセント市で今月6、7日に行なわれた多元文化祭に現地の法輪功学習者が参加し、中国共産党による法輪功学習者からの生体臓器狩り停止を呼びかけて署名活動を行った。

法轮功学员在西澳多元文化节上向人们讲述发生在中国的迫害真相
多元文化祭で法輪功迫害の真相を伝えている学習者

西澳多元文化节上,人们签名谴责中共活摘法轮功学员器官
生体臓器狩り停止の呼びかけに署名をする市民

 年に一度、西オーストラリアで開催される多元文化祭は最大のイベントである。毎年数万人の参加者がいる。法輪功学習者は数年来この祭りに参加し、法輪功の功法や、伝統的な龍の舞、腰鼓の実演などを披露してきた。

 当地の法輪功学習者は今回の祭りで、中国共産党による法輪功学習者からの生体臓器狩り停止を呼びかけて署名活動を行い、多くの市民・観光客からの支持署名を集めた。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2016/3/10/325186.html)
 
関連文章