大法を完全に信じる一人の医師の修煉の道
■ 印刷版
 

 【明慧日本2020年10月14日】(中国=明慧記者・沈容采インタビュー)

 年老いてもかくしゃくとして、落ち着きと気品に満ちたこの方は、台湾の医師である胡乃文さんです。今年75歳になった胡さんは医術に優れているだけでなく、患者にも親切で、評判がよく有名です。多くの患者はあちこちの病院を回って治療しても、効果がなく、結局胡さんの所で本当の病因が診断されました。長年にわたって、名を慕って診察を求める患者が遠くから続々とやって来ます。しかし、大法の修煉者である胡さんは、「法輪大法の前では私はまだ幼稚園児に過ぎず、自分は完全に大法を信じており、師父のお話に従います」と語りました。

'图:胡乃文在不断实修中体悟到修命与修心、道德和健康的直接关系,他表示整个看病的过程就是我修炼的过程。'

患者を治療する過程は、自分の修煉過程だと語る胡乃文さん

 胡さんは高校生になったとき、自分が医者になるとは思いませんでした。「以前は自分の人生の道について考えたことはありませんでした。高校に入ると、志願でグループを分けます。自分には、はっきりした目標がなく、ただ友人に従って同じグループを選びましたが、少しずつ勉強に興味を持つようになりました」

 大学に入り、胡さんは生物学を学び、神経科学と内分泌学を専攻し、卒業後は薬理学に移り、アメリカのスタンフォード研究所に派遣され、生命科学分野の研究に専念しました。「アメリカの研究所にいる間、図書館で最新の研究情報や科学文献などを調べているうちに、中国医学の中の鍼灸という治療方法を知りました。私は神経科学を学んでいましたので、神経と鍼灸は必ず何か関連があると思いました」

 台湾に戻ってから、胡さんは鍼灸の研究を始め、漢方について研究を深めました。鍼灸から黄帝内経まで、いろいろな古くからの経絡治療や診査方法を吸収し、まったく新しい世界に足を踏み入れ、5000年の神伝文化の謎を探究し続けました。長年の努力を重ねて40歳頃に、とうとう漢方医の免許を手に入れました。

 「実は、私は小さい頃から体調が悪く、最も活力があるはずの青年期でさえ、顔色が黄色く、体力もありませんでした。また、ストレスが原因で、常に胃腸の調子が悪く、とても苦しんでいました。 西洋医学を学んでいた時は、いつも栄養剤や健康食品を摂取していましたが、何の役にも立ちませんでした。漢方医になってからは、いろいろな漢方薬を服用して保養に気を付けていましたが、皆表面的な維持に過ぎず、実際のところ、自分の身体の状態は非常に良くないことがよく分かっていました」

 西洋医学も漢方の治療方法も効果が得られなかったため、胡さんは各種各派の気功を試し、身体を鍛えて元気を取り戻そうとしました。「私はあちこちを回って探しましたが、50歳頃に、当時、ある気功教室で、『法輪功』という気功があると聞きました。しかし、ほとんどの人が法輪功のことを知らなかったのです。私が探し続けた結果、1996年に、法輪功を習ったことのある年配者に会いました」

 良い人からスタートする

 1997年の初め、胡さんは法輪大法の9日間セミナーに参加し、11月に初めて李洪志師父にお目にかかりました。「当時、師父は台湾三興国立小学校で説法されていました。師父は忙しく騒がしい環境の中でも、終始穏やかで優しかったのです。師父は私たちに、生活の中でも仕事の中でも、どんな時でも『真・善・忍』の基準に従って良い人になり、先ずはそこからスタートして、徐々に高い次元の法に従って修めれば、最後に圓満することが出来る」と教えてくださいました。師父のお言葉をずっと心に刻み込み、それから、一人の修煉者として、日常の中で常に「真・善・忍」で自分を律するようになりました。

 少しずつ、胡さんは長年の持病が治ったことに気付きました。特に緊張や、怒り、不安などにより引き起こされた胃腸疾患も消え、元気になっただけでなく、知恵も開かれたようになり、あれほど難しかった医学の古書をより深く理解出来るようになりました。

 「大法を学んでから、鍼灸や漢方などが皆中華民族の古い文明の知恵の結晶であり、西洋医学よりずっと進んでいることが分かりました。しかし、法輪大法はこれらのすべてを遥かに超えており、気功でも宗教でもなく、『修煉』そのものです」と語り、修煉は人類文明の中で、最も遠く奥深い領域であり、法輪大法は人体、生命及び宇宙の奥深い法理を明らかに示しており、修煉の中で、命を修めることと心を修めること、それに道徳と健康の間の直接な関連性を悟りました。

 病気は心により作られ、状況は心により変わる

 胡さんは「修煉して間もない頃、ある老婦人が訪れました。その患者はキリスト教徒で、毎日神に懺悔して祈りをささげているそうです。私は『懺悔する時に何を言いますか?』と聞くと、老婦人は『今日は誰に怒ったとか、明日はまた誰と仲が悪くなったとかです』と答えてくれました。それを聞き、私はすぐに師父の説法を思い出しました」

 師父は「『そんな忍は実行するのが難しい。わたしはかんしゃく持ちだから』と言う人がいます。自分でかんしゃく持ちだと分かれば、改めればいいではありませんか」[1] と語られました。

 病気を治そうとすれば、その前に心の問題を解決しなければなりません。「私は老婦人に、あなたは毎日懺悔をしていますが、悔いだけをして、改めてはいなかったようですね。そのような懺悔はゼロに等しいのではありませんか? と言いました。老婦人は私の話を聞き、心を打たれ、涙を流しました。次回の検診に来た時に婦人は、『あなたの話を聞いて、私は家に帰ってから、かんしゃくを起こすのを改めると、意外にも、病気が完全に治りました』と言い、感謝として私に大きなプレゼントをしようとしました。この事例から、もし、大法の法理に従って実践し、物事を大法で測ることが出来れば、すべての病気は実は何物でもありません」

 病気は心により作られたものですが、状況も心により変えることが出来ます。人間として、苦しみの中で人心を修め、正念を現すことが出来れば、病気の苦しみから抜け出すことが出来ます。胡さんは「ガンを含むたくさんの病気は、漢方の理論によると、過度の喜怒哀楽や恐怖などのストレスが病因の可能性がありますが、それらの気持ちの変動も、人が名、利、情を放下できず、ストレスを生じた結果が病気を引き起こしたのです。ですから、患者と病状について話す時、浅いところでは生活習慣や養生法が正しくないと教えます。しかし、高い次元から患者たちに、心の中の欲望や執着を捨てるように伝えると、病気はかえって治るのです」

 病気そのものが問題ではなく、病気に対する心境こそ鍵だと、胡さんは自ら「病業」の関を乗り越えた体験を語りました。「ある日の朝、目が覚めると、片方の手と足が動かなくなり、しびれて力が入らないことに気付きました。医学の常識から判断すると、かなり良くない状態です。最初はとても怖かったのですが、私はできるだけこれらの気持ちを排除しながら、大声で師父に助けを求めました。しばらくすると、正常に戻りました。その後、同じ状態が再び現れた時、私は師父にご心配をかけないようにと思うと、師父の説法が頭に浮かびました。『借りがあれば、返さなければいけないのですから、修煉の途中で危険に出会うことはあります。しかし、そういうことが起こった時でも、あなたを恐怖に陥れ、あるいは本当の危険に遭遇させるようなことはありません』[1]。私は師父の言葉を信じ、『大丈夫、大丈夫だ!』と思いました。すると、この状況を無事乗り越えることができました」と言いました。

 大法を信じ、自分に向けて探す

 厳しい関を乗り越える時、試されるのは修煉者の正しい信念です。それに対して、不安や恐怖は常人のもので、修煉者にあるべきではないものです。どんなに表面から見て良くない状況でも、常人のように医師や親に助けを求めるのではなく、第一の念は師父を思い、大法を思うべきです。修煉の過程で、信じるか信じないか、それは少しの虚偽も許さず、心性を高め、正念をもってすべての物事に対応すべきだと、胡さんは悟りました。

 「修煉して初めの頃、ある若い患者が週に1回か2回治療に来ていました。ある日、私はその患者に『あなたの今の状態を、私は薬で治すことは出来ません。できれば法輪大法を習ってみてください』と勧めました。以前、この若者は家中の窓をテープで密封しなければならないほど、寒さに弱かったのですが、法輪大法の9日間セミナーに参加して2日目で、なんと汗をかくことが出来ました。それから完全に回復し、二度と私の診療所に来ることはありませんでした」

 「また、ある紅斑性狼瘡(エリテマトーデス)の患者が、毎週台南から飛行機で台北にある私の診療所に来て、治療を受けていました。ある時、私はその患者に『台北に数日間滞在することは出来ませんか?』と尋ね、法輪大法の9日間セミナーを紹介しました。患者はすぐに了承して、セミナーに参加しました。その後、来たことはありません。一方で、一部の患者は固有の宗教や観念を放下出来ず、大法を信じて試みようとしなかった結果、依然として病の苦しみから解脱することが出来ませんでした」

 異なる人心によって、異なる状況が現れると同時に、異なる結果をもたらします。師父は「もし第三者が彼ら二人のトラブルをみたら、その第三者も偶然にそれを見たのではないと私は思います。『どうして彼らのトラブルが私に見えたのか? 私自身にも不足しているところがあるのではないか?』」[2]と語られました。 胡さんは「私は診療の過程でも、こう考えるようになりました。『なぜこの患者はこの病気になったのか? 彼にはどんな放下できない心があるのか? 私には同じような執着心がないのか?』と、私は毎日このように、自分に向けて探します。5人の患者がいれば、5人の心に放下できないものを考えてみます。50人の患者がいれば、私は50回も自分に向けて探し、100人いれば、100回内に向けて探します。患者を診療する過程は、私自身の修煉の過程でもあります」

 人生の大半が過ぎましたが、胡さんは、「大法の前で、師父を信じている自分は依然として幼稚園児に過ぎません。修煉の道でどんなことに遭っても、師父はいつも側にいらっしゃいます。現在、私の考えはとてもシンプルになっています。修煉者にとって、すべての事は原因があり、直面して、よく行ない、よく修めるだけです」

 医療の現場で35年以上頑張ってきた胡さんは、診療のほかにもインターネットのオンラインに出たり書作したり、75歳の高齢者として、今でも精力的に活動していますが、心の中には一つの願いしかありません。「若い時は名声や利益のために頑張りましたが、修煉してから、それらの執着心はなくなりました。現在の私は、名利のためでなく、衆生のためにあります。私は自分の行なっているすべての事を通じて、人に大法と縁を結ばさせ、『法輪大法は素晴らしい』と分かって欲しいのです。これが私の唯一の望みです」

 注:
 [1] 李洪志師父の著作:『轉法輪
 [2] 李洪志師父の経文:『米国西部法会での説法』

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2020/9/19/411790.html)
 
関連文章