独・ヴッパータール市で法輪功迫害の実態を伝える
■ 印刷版
 

 【明慧日本2020年10月13日】西ドイツのヴェストファーレン州ヴッパータール市の法輪功学習者(以下、学習者)は市の中心部の広場に拠点を設け、功法を実演し、中国共産党(以下、中共)の邪悪な本質を暴き出す横断幕を掲げた。人々は法輪功迫害停止の署名の呼びかけに応じ、法輪功迫害の実態を理解し、多くの人々が迫害停止の署名をした。

'图1:法轮功学员演示功法'

功法を実演する法輪功学習者

'图2:法轮功学员在跟民众讲述<span class='voca' kid='62'>真相</span>'

学習者は人々に法輪功迫害の実態について説明する

'图3:民众签名支持法轮功学员反迫害'

人々は署名して法輪功迫害の停止を支持する

 イベントは土曜日で、ヴッパータール市の中心広場は雨だった。学習者は早朝、雨の中、噴水の周りに活動拠点を設け、大型の横断幕「中共が最も邪悪なウィルスで全世界に災いをもたらした」を目立つ場所に掲げた。

 200年前、エンゲルスはこの都市に生まれた。今年、ヴッパータール市に「エンゲルス――ヨーロッパでうろうろした幽霊」という展示会がある。一部の都市の人々はエンゲルスと共産主義の理論との関係について、共産主義を疑っている。彼らは学習者が掲げた横断幕を見て、共産主義が中国でどんな問題を引き起こしたか積極的に学習者に質問した。何人かの人は学習者と長く話をし、その中の1人の女性は学習者の話をとても熱心に聞いていて、時間が経つのも忘れ、電車に乗り遅れてしまったと言っていた。

 中共ウイルスの影響を受けて、何人かの人は「中国を信用できない」と言った。学習者と話した後、多くの人は「中国人と中共は別の事で、中国人は共産主義の犠牲者であり、西洋人が信用できないのは中国人ではなく中共です」と語った。中共が組織的、計画的に学習者への生体臓器狩りを行なっていることに言及した時、多くの人は中共は自国民に対して非常に残酷であると驚き、大きなショックを受けた。何人かの人は法輪功に対してとても興味を持っていると言い、功法も学びたいと言う。

 ある中年の女性は「私は中国へ観光で行ったことがあります。ただ、観光だけだったのですが、その時、中共政府は国民に対してとても強硬だと感じたことがあり、とても中国人に同情しています」、「喜んで、迫害停止を呼び掛ける署名をします」、「人々はもっと多くこの事に関心を持つべきです」と話し、立ち去る前、多くの資料を取って、「家に帰って法輪功迫害の実態を自分のフェイスブックに載せて広めます」と言った。

 中共ウイルスの影響を受けて、世界に対する中共の脅しは、すでにますます多くの人が関心を持つ話題になった。2人の若者は法輪功迫害を伝える為の活動拠点を見つけて、学習者に「とても不思議です、私達は今、友達と中共の強権がどんなに恐ろしいかについて話し合ったばかりです。中共は何をしたのですか? ここに来てあなた達がいるのが見えました。タイミングが良かった!」と言って、彼らはすぐ迫害停止を呼び掛けるための署名をした。

 学習者の拠点の傍に、露店があり、その露店の店主も来て署名をした。学習者に「あなた達がこのイベントを行うことができて、私はとても嬉しいです。全世界の人にすべて中国で何が発生しているかを知らせることができます。私は全世界のために喜ばしいことだと感じます」とお礼を言った。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2020/9/28/412395.html)
 
関連文章