モルドバの学習者 人々に法輪大法の素晴らしさを伝える
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年6月16日】今年の5月13日で法輪大法が世界に伝え出されて30周年を迎えた。5月13日から15日にかけて、モルドバの法輪功学習者(以下、学習者)は大法が伝え出されて30周年を記念してイベントを行った。学習者たちは、人々に法輪大法の素晴らしさを伝え、そして中国共産党による法輪功迫害の実態を伝え、迫害停止を呼びかける活動を行った。

图1~4:大法洪传三十周年之际,二零二二年五月十四日,摩尔多瓦法轮功学员来到基希讷乌市中心的普希金公园(Stefan cel Mare)集体炼功,传播法轮功的<span class='voca' kid='62'>真相</span>。

プーシキン公園で法輪功迫害の実態を伝えるモルドバの学習者

 キシナウは美しい都市で、至る所に緑鮮やかな植物が見られ、活力に満ち溢れている。プーシキン公園はモルドバの最も古い公園で、当日のイベントで法輪功の功法を実演している学習者もいれば、真相チラシを配布している学習者もいる、往来する人々に法輪功迫害の事実を伝え、多くの通行人は立ち止まって資料を受け取り真相を理解した。一部の通行人は真相を聞いた後、法輪功迫害の事実を伝えてくれた学習者に対して感謝していた。

图5~6:二零二二年五月十三日至十五日,法轮功学员在基希讷乌中国大使馆前和平抗议,呼吁停止迫害。

学習者はキシナウの中国大使館の前で迫害停止を呼びかけた

图7~9:二零二二年五月十五日,来自基希讷乌和罗马尼亚的法轮功学员在摩尔多瓦人口第二大城市巴尔蒂举办弘法活动。不少路人驻足了解。

大法を伝えるイベントを行い、通行人に資料を配布する学習者 

图10:法轮功学员向人们介绍法轮功的真相。

法輪功迫害について伝える学習者の話しを真剣に聞く人々

 バルティはキシナウの北140キロに位置している。金曜日の朝でも、大統領府の入り口も開いており、誰でも建物周辺の公園に入ることができる。公園の外では、学習者達が「法輪大法」などの横断幕を掲げて、功法を実演し、大法の素晴らしさを伝えている。往来する多くの人々は、立ち止まって見入っていた。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/6/11/444780.html)
 
関連文章