米ルイビル市民 ワールドフェスタで法輪功を学ぶ
■ 印刷版
 

 【明慧日本2022年9月21日】9月2日から5日まで、米国のレイバー デー(労働者の日)の間、ケンタッキー州ルイビル市は、毎年恒例の4日間のワールドフェスタを開催した。これは、市民が異文化について学び、さまざまな国の料理を味わう主要な活動である。地元の法輪功学習者(以下、学習者)も参加し、法輪功の良さを人々に紹介した。

图1~3:二零二二年九月二日至五日,法轮功学员在路易斯维尔市举办的世界节(World Fest)上向人们介绍法轮功及其<span class='voca' kid='62'>真相</span>。

法輪功のブースを訪れ学習者の説明を聞く人々

 ルイビル市はケンタッキー州の最大の都市である。学習者は、ワールド フェスタで法輪功を紹介し、中国での法輪功迫害について人々に真実を伝えた。多くの人は法輪功について聞いたことがなく、法輪功はストレスを軽減し、身体がより健康になることを聞いて、関心を示した。そして資料をもっと詳しく読みたいと話した。

 学習者は、中国共産党の支配下で、中国の学習者は自由に修煉をすることができないとを伝えた。ある女性は同情を示した。多くの人は共産党に好感を持たず、中央集権を維持するために庶民を迫害し、学習者の信念に対して迫害する共産党の邪悪な性質を十分に理解している。別の女性は、自分に何ができるか尋ねた。学習者は、オンラインで米国下院決議にアクセスして、 法輪功保護法を支持する署名をすることができると彼女に教えた。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2022/9/6/448787.html)
 
関連文章