同修と新しい1時間の煉功音楽で站椿した体験
■ 印刷版
 

 

文/海外の大法弟子

  【明慧日本2019年1月17日】明慧ネットで新しく掲載された煉功音楽を、皆さんはもうダウンロードされましたでしょうか。昨年の11月15日に更新された法輪大法の煉功音楽(2018年最新版)ですが、第二式の煉功音楽の長さが、62分のバージョンのものがありました。ここで、私はこの功法を煉って、恩恵を受けた体験を書き出して、皆さんの役に立てばと思います。

 最新版の煉功音楽が掲載された次の日の昼、同修Aを誘って一緒に煉功しようと思いました。すると彼女は「中国にいた時に1時間の站椿を試したことがあり、辛くて最後まで出来なかったので、もう一度チャレンジしてみたい」と話し、私の誘いに応じてくれました。理由は「最新版の煉功音楽は師父の同意を得て掲載されたものであり、きっと深い内包があるに違いない」と彼女は悟りました。

  煉功し始めますと、同修Aは直ぐに「エネルギーがとても強い感じがし、全身から汗が噴き出てきました。辛いけれど頑張って続けられそうだ」と言いました。その後、また「いつも煉功後に身体が軽やかになり、元気が湧き出てきて昼寝を取っていたのが、今では昼寝もいらなくなり、仕事の効率も著しく上がった」と彼女は私に教えてくれました。

  私もこの62分間の站椿を煉り始めますと強いエネルギーを感じました。今までと違って、朝、煉功する時の私はいつも眠くて、辛くて居眠りしていました。しかし、この1時間の站椿を煉ると、とても身が軽くなり、身体の存在すら忘れるときもあります。自分の身体はまるで1枚の薄い紙のように、風が通り抜けて行きそうな感じです。普段はいつも疲労感と眠気に襲われていますが、この功法を煉り始めると、以前の状態が消え去りました。椅子に腰をかけている時も、プカプカと身体が浮き上りそうな感じがします。朝、煉功する時に眠気に襲われる状態が完全に改善されました。

  私は同修Aと同じマンションに住み、2人ともマスコミのプロジェクトに参加しており、毎日定刻通りに、朝3時50分に全世界の朝の煉功に参加し、そのあと7時半まで学法します。そして夕方の6時でプロジェクトの仕事を終えて、発正念してから帰宅します。毎日、時間を節約するために、食事はシンプルなファーストフードで済ませます。

  夜の9時から11時までまた学法して、毎日の睡眠時間は4時間足らずです。常人の観念がまだ取り除かれていないため、今までは常に倦怠感を感じていましたが、1時間の站椿に切り替えてからは私達の状態が明らかに改善されました。

  時間を最も有効に利用するため、現在、私達は第二式の1時間の站椿は夕方の6時に正念を発してから煉ることに調整しました。普段は昼間、眠気に襲われた時に、同修Aは第二式のこの功法を煉ります。彼女は「この功法を煉れば倦怠感が消えて、昼間に眠気におそわれることがなくなった」と話しています。今では同修Aがこの功法を格別にお気に入りのようです。

  私達はまた、同じプロジェクトに参加している他の同修達も誘って、この功法を一緒に煉ることにしました。皆も口を揃えて、この功法に強いエネルギーを感じることが出来ると言います。

  私達は師父が明慧ネットで、1時間の站椿の煉功音楽を発表されたことには、きっと多くの内包が含まれており、その内包のすべてを私達はまだ悟ることが出来ません。ただ、自分自身の身体能力の増強や、エネルギーを体感できたことを通じて、この煉功音楽の法力を体得することができ、そして、煉功音楽通りに煉功を行えば、受益できることを理解しているにすぎません。

  ある1人の同修は普段、煉功は積極に行なっていませんが、私達の煉功にこの同修を誘いました。誘われたこの同修が初めはおじけづいて、最後までもたないと断言しました。しかし試した結果、彼も「全身が熱くなって、強いエネルギーを感じることが出来た」と言い、最後までやり遂げることが出来ました。今では毎日私達と一緒に煉功して、五式の功法を一通り行うことが欠かせなくなりました。

  同修の皆さんは毎日多忙だと思います。また睡眠不足が原因で体力が追いつかない同修も数少なくないと思います。もし毎日の煉功を続けることができて、この1時間の站椿も行えたなら、睡眠で体力を補うことよりも効果があるはずです。私自身はもう身をもって体験しました。疲労感と眠気に襲われた時に、立ち上がって站椿を煉ってみてください!! きっと煉れば煉るほど元気が出て、煉れば煉るほど体が徐々に軽やかになっていきます!!

  ここで、同修の皆さんに一緒に試してほしいと呼びかけているだけではありません。同修の皆さんも私のように実行して、恩恵を受けて欲しいのです。精進して三つのことを行うと同時に、自分の体力も追いつけるようにしなければなりません。また体の演化の状態も師父の要求に達しなければなりません。元気がみなぎっていれば仕事の効率も増し、少ない労力でもっと大きな成果を得ることがきっと出来るはずです。

  ある同修は站椿を行う時に、師父の『洪吟三』の「抱輪」の中に書かれた内容を思い出すと言います。 

   抱 輪

 法輪を抱ひて両腕圓く
 天を頂き独尊なりて立つ
 智慧を垂りて世間を看
 環球小さなること弾の如し
 三界脚の下にあり
 世人を塵の中にて看
 出世すに何故に難しや
 執着心断ち難し

 

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2018/12/7/378129.html)
 
関連文章