ペルー政府主催の芸術祭、法輪功学習者が参加
■ 印刷版
 

 【明慧日本2018年4月17日】3月20日から25日まで、ペルー政府主催の第14回芸術祭が首都のリマ・マゲダラ・デル・マール区で開催され、法輪功学習者は要請に応じ参加した。

 芸術祭の初日、学習者によって構成された腰鼓隊は、鮮やかな黄色い煉功服を身に纏い、自由広場を出発して、市中心部の10の賑やかな通りを商店街をぬけて、終点のラ・プラザ・トゥック・アマル広場までパレードをした。道中、観衆は腰鼓隊の演奏に惹きつけられ、商店の店員は親指を立てて称賛した。また多くの人は資料を受け取り、法輪功とは何か、どこで習えるのかを尋ねた。

'图1~3:法轮功学员队伍从指定地点——自由广场出发,打开“法轮<span class='voca' kid='53'>大法</span>好”的横幅,敲着腰鼓,向图帕克阿马鲁广场行径,向沿途路人和商家传播法轮大法的美好。'
 パレードを行う法輪功学習者

'图4:路旁的商家观看法轮功学员表演腰鼓,竖起手指称“赞”。'
腰鼓隊を見て親指を立て称賛する店員

'图5:路人欢喜接过大法真相传单。'
資料を受け取り喜ぶ市民

 法輪功学習者はパレードのあと、ラ・プラザ・トゥック・アマル広場で五式の煉功動作を実演した。

'图6:腰鼓队台上表演'
舞台で腰鼓を披露する法輪功学習者

'图7~8:法轮功学员正在表演法轮功<span class='voca' kid='86'>功法</span>'
煉功の動作を実演する法輪功学習者

 マゲダラ・デル・マール区文化部主任のホセマヌエルエッガガイ(JOSE MANUEL ECHEGARAY)さんは、腰鼓隊の実演を見てとても感動し、隊員が着ていた黄色い煉功服を褒め称え、煉功動作の実演も彼に深い印象を残した。彼は学習者の写真を撮り記念にすると話した。

'图9:马海滨马格达莱纳区文化主任何赛先生为法轮功学员拍照'
記念写真を撮るマゲダラ・デル・マール区文化部主任のホセマヌエルエッガガイさん

'图10:马海滨马格达莱纳区副区长哈维尔(右一)与法轮功学员合影'
学習者と記念写真を撮るマゲダラ・デル・マール区文化部主任のホセマヌエルエッガガイさん

 マゲダラ・デル・マール区副区長のJAVIER OLAZABAL RAYA氏は、市政府を代表して法輪功学習者を歓迎した。横断幕に書かれている「真善忍」の三文字は現代社会に最も必要とされるもので、腰鼓隊の演奏が大好きだという。これから市政府が主催する四つの活動にも参加するよう、法輪功学習者に要請した。

 法輪功学習者はラ・プラザ・トゥック・アマル広場で煉功の動作を実演したあと、場所を海辺にある広場に移動して煉功を披露した。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2018/4/6/363821.html)
 
関連文章