中国河北省:民衆が勇気を持って法輪功への支持署名(写真)
■ 印刷版
 

 【明慧日本2016年1月13日】河北省は古代の燕・趙の所在地であり、歴史上多くの正義感のある義士がそこにいた。今日、真・善・忍を信仰する法輪功学習者や増え続けている河北省の民衆が、反迫害と江沢民告発の大きな流れの中で、燕・趙の物語りを書き続けている。

 1999年から江沢民が法輪功への迫害を始めた後、河北省での迫害の形勢は最も深刻だが、学習者の修煉の決意は揺るがず、燕・趙気質は破壊されていない。

 一、迫害を受けている法輪功学習者を救出するための署名

 2015年5、6月、不当連行された9人の法輪功学習者を救出するために、河北省の武清市で4300人の普通の民衆が押印して当局に釈放の呼びかけをした。

 二、中国共産党による法輪功学習者から臓器狩りの停止を呼びかける署名

 中国共産党による法輪功学習者からの臓器狩りは軍隊、病院、商業などの生産ラインがあり、ニーズに応じて殺人し、臓器を全世界に販売している。この理不尽で残酷な悪行が、ますます多くの民衆に知られ、譴責された。

河北省民衆が臓器狩りに反する署名の地域・人数

データ出所

報道年月

署名を集める所在地

署名人数

明慧ネット

2015/1/31

張家口

10846

明慧ネット

2015/6/12

唐山

600以上

明慧ネット

2015/6/23

保定、張家口、秦皇島

5038

河北省怀安县966人签名要求中共停止活摘法轮功学员器官

臓器狩りの停止を呼びかけるために河北省懐安県で966人が署名した

保定、秦皇岛、张家口5038人签名反对中共活摘法轮功学员器官

臓器狩りの停止を呼びかけるために河北省保定、張家口、秦皇島で5038人が署名した

二零一五年一月到七月底,河北张家口市、近郊与周边县3500多普通百姓,签名要求彻底清查中共周永康、薄熙来、江泽民活摘法轮功学员器官的罪行,将江泽民这个幕后操纵活摘器官的罪魁祸首绳之以法。

臓器狩りの停止を呼びかけるために河北省張家口市及びその近郊と周辺の県で3500人が署名した


 三、江沢民告発を支持した民衆の署名

 2015年5月から、中国本土を始め、全世界で江沢民告発の大きな流れが起き、数十万人の法輪功学習者や家族らが江沢民告発状を中国最高検察院、最高裁判所に提出し、江沢民に法的裁きを要求した。江沢民告発の件は河北省で多くの民衆の支持を得、半年の間に、唐山だけでも5万7千人の支持署名を得た。

河北唐山市二万七千多民众签名支持“诉江”

河北省唐山市で5万7千人が署名して江沢民告発を支持表明

 河北省では至る所に江沢民告発の横断幕やポスターがある

河北街头阅读“诉江”粘贴的人

河北省で江沢民告発の通告を見つめる人

河北廊坊市随处可见诉江等内容的真相粘贴

河北省での江沢民告発のポスター風景

河北石家庄市随处可见诉江等内容的真相粘贴

河北省での江沢民告発のポスターの風景

河北张家口市随处可见诉江等内容的真相粘贴及条幅

河北省張家口市での江沢民告発のポスターの風景

河北秦皇岛市随处可见诉江等内容的真相粘贴

河北省秦皇島市での江沢民告発のポスターの風景

河北保定市随处公交站诉江等内容的真相粘贴

河北省保定市での江沢民告発のポスターの風景

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2016/1/5/321831.html)
 
関連文章