疫病は無差別に感染するわけではない
■ 印刷版
 

廖然

 【明慧日本2021年4月8日】人が疫病を怖がる原因の一つは、その無差別感染性です。現代の医学によると、体の中に抗体がある人は感染しないと認識されています。しかし奥深い伝統文化によると、疫病は無差別に感染するのではなく、疫病から逃れる人に抗体があるかどうかは関係ありません。

 1、九品の武官は夢で疫病を配置する使者を見た

 中国宋の時代、進士郭彖の著作『睽車志・巻一』に次のような記載があります。「宋朝の承節郎(九品の武官名)孫俊民は震沢(蘇州のあたり)に住んでいた。ある夜のこと、彼は屋根より背が高い巨人が片手に牛の角を持ち、もう片手には釘を打つ槌を持って町中を歩き、彼の家の門に牛の角を打ち込もうとする夢をみた。必死になってこれを拒んで止めたところ、巨人は何か気づいたように、立ち去り、向かいの姚氏の家の門に牛の角を打ち込んだ。その春、姚氏は一家をあげて疫病にかかり数人が死亡した」

 この物語によれば、巨人は疫病神の命令を実施するための使者であると推測できます。疫病の使者は最初、孫俊民の家に疫病の印をつけようとしますが、孫さんが夢の中で止めると、その使者は間違ったと気づいたか、或いは別の原因かで姚sの家に向かいました。一つ確かなことがあります。それは疫病は、印のある目標を攻撃するのです。

 2、不義な人を救うことはできない

 『四庫存目・古今奇聞類紀』によると、明朝正徳6年(1511年)、福建省に顧鎮という人がいて、顧さんの家族はすべて疫病にかかりました。顧さんの家族全員は「素食(肉以外)」を食べて、神様にお祈りすることを通して疫病を除去することを決めました。ちょうど巡撫(地方長官)が食糧倉庫を開いて飢えを救済しており、顧さんは米をもらうため町に行きました。町に入って、生きた魚の売り場を見て、魚を食べたいと、生きた魚と酒を買って帰りました。当日顧さんは疫病の状況が深刻になって死亡しました。その後、顧さんの地元の人は、3匹の魚の魂が顧さんの身体に憑いて、顧さんと一緒に納棺されたのを見ました。顧さんは殺生をして神への誓いを裏切り、最後に悪報に遭い死亡しました。

 明朝、臨川のある人が山で子猿を捕まえると、母猿が子猿についてその人の家に来て、子猿を放すように頼みました。その人は少しも哀れみの心がない人で、子猿を木に縛って殺しました。母猿は悲しみに耐えられなくなり、木に衝突して死にました。その人が母猿の腹を解剖すると、母猿の腸が千切れるのを見ました。半年後、その人の家族全員は疫病に罹り、続々と死亡し家族全員が死に絶えました。

 3、善を行う人は感染しない

 『四庫全書』によると、明朝嘉靖の時代、広東高州府の府知事・徐氏のお婆さんと継母は疫痢のため、息も絶え絶えになり、彼の家族の多くが感染しました。親戚や近所の人達はどうしようもないと思い、避けていました。府知事は一人で面倒を見て、お婆さんと継母は徐々に危険から脱しました。府知事はその後ずっと健康で、疫病は彼と何の関係もないようでした。

 明朝永楽の時期、進士・張宗璉の父親である張彦枕の同族の家族全員が疫病に罹りました。親族や友人はすべて避けましたが、張彦枕は自らお粥を用意して毎日数回行き、時々徹夜で世話をしていました。皆は張彦枕が感染するのではないかと心配して、彼を止めました。張彦枕は、「私は良いことをしているので、神が私を害するわけはありません。道路の木さえ日陰になることができます。人は互いに困難や危険から助け合わなければいけません」と言いました。感染者たちと頻繫に接触していた張彦枕はずっと感染しませんでした。

 4、武漢肺炎の患者が奇跡的に回復した方法

 ベトナム系の法輪功学習者(以下、学習者)・涂安さんは法輪功を修煉して1年しか経っていません。去年の武漢肺炎のラッシュの時期に、涂安さんの周りに3人の感染者がいましたが、すべて「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」を念じて回復しました。涂安さんはその3人の感染者の1人と密に接することがありましたが感染することなく、法輪大法の素晴らしさを実証しました。

 ●涂安さんのおばは半昏睡状態から危険を脱した

 2020年3月、涂安さんのおば(78)は新型コロナと診断されました。1週間高熱が出てずっと昏睡状態のままで、救急室に送られました。涂安さんはこのことを知り、すぐ従弟に電話して、法輪大法の師父の講法録音をおばに聞かせるように伝えました。その時おばは少し意識があり、涂安さんは大きい声で「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」と念じさせました。おばさんは弱い声で「はい」と答えました。

 次の日、奇跡が現れました。おばの感染症状がすべて消えました。そして涂安さんに20分電話を掛けて、「以前あなたは私に『轉法輪』を読むようと勧めたが、私は読まなかった。今回私は必ず読みます」と言いました。数日後、おばは退院して、「禁足が終わったらまた煉功するよ」と言いました。

 ●穆元佟さんは退院した

 穆元佟さんは涂安さんのテナントです。4月のある日、彼は涂安さんに電話を掛けて弱い声で「助けて」と言いました。禁足中ですが、涂安さんは速やかに穆元佟さんの所に行きました。穆元佟さんは体を丸く縮め、まるでテディベアのようにベッドに倒れ込んでいました。穆元佟さんは熱があり、解熱剤を飲んでも熱が下がりませんでした。寝室のエアコンの温度を最高にし、部屋が蒸し風呂のように暑くても、穆元佟さんは寒さで震えが止まらない状態でした。

 涂安さんは彼の面倒を見るために残りました。法輪大法の素晴らしさを伝えて、自分が法輪功を修煉して僅か数カ月なのに、若くきれいになり、新年の時ベトナムに帰った時、母は涂安さんが誰か分からなかったと伝えました。涂安さんは立ち去る時、「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」と書いた紙を残して、穆元佟さんにずっと念じるように言いました。

 翌日の昼、涂安さんは『轉法輪』を持って穆元佟さんの所に来ました。穆元佟さんは、「昨日夜、ずっと『法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい』と念じて、今朝良くなったと感じて、外に出てミネラルウォーターと食料を買いました」と言いました。その日の午後、穆元佟さんが病院で検査すると、新型コロナウイルスに感染しており入院しました。

 涂安さんは彼に「引き続き『法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい』を念じてください」と伝えました。穆元佟さんの身体の状況は徐々に良くなりました。次の日、新型コロナウイルスのすべての症状が消え、熱も下がり、2日後に退院しました。穆元佟さんは禁足が終わったら、法輪功を学ぶことを決意しました。

 ●涂安さんの叔父は「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」を友人に伝えた

 疫病が一番深刻になった4月、涂安さんの叔父が電話を掛けてきました。叔父の友人図泰さんは喉頭がんに罹り、新型コロナウイルスにも感染し、非常に危険な状態でした。涂安さんは電話の中で大きい声で叔父さんに、「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」と念じ、叔父さんの友人が心を込めて念じれば回復できると話しました。

 翌朝、叔父の友人は電話を掛けて来て、自分が念じるとかなり良くなったと感じて、涂安さんに「ありがとう」と伝えました。2日後、叔父の友人は病状が消え、退院して家に帰りました。

 何故「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」を念じれば、回復できるのでしょうか? 法輪大法は佛家の高徳大法で、宇宙の特性「真・善・忍」に基づいて修煉する功法です。「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」を念じると、直接宇宙のプラスのエネルギーとつながり、神の加持を得られます。強大なミクロのエネルギーは患者の細胞に入り、ウイルスが瞬間的に殺され、疫病神も疫病を患者の身体から回収します。

 今、専門家の予測によると、武漢肺炎の変異速度は非常に速く、蔓延の速度も速くなり、今後数年内にウイルスが徹底的に消えるのは難しいそうです。ではどうすれば疫病から逃れられるのでしょうか? 「法輪大法は素晴らしい、真・善・忍は素晴らしい」をしっかり覚えてください。肝心の時、この文字があなたを助けることができます。

 
(中国語:https://www.minghui.org/mh/articles/2021/2/28/421461.html)
 
関連文章