NZ・クライストチャーチの健康フェスタ、法輪功が参加
■ 印刷版
 

 【明慧日本2017年10月25日】北半球の実りの秋の10月は、南半球ニュージーランドでは春めいた季節である。ニュージーランドの心身健康フェスティバルが10月14・15の両日、クライストチャーチのアディントン レースウェイ展示センターで開催され、百以上の団体と法輪功学習者が参加して好評を得た。

 この2日間は、晴れ晴れとしていて、春の魅力的な気候であった。三階建ての会場には人の群れが絶えることなく往来した。法輪功の展示―ブースは綺麗に飾られ、テーブルには法輪功の書籍と、学習者が手作りした蓮の花としおり、および大法を紹介する資料が置かれた。同時に功法を教えるDVDを繰り返し放映した。活動の中で、学習者は交替して功法を実演し、一部の学習者は市民の質問に答えた。事前に申請した煉功所で興味のある市民が一緒に煉功した。

'法轮功学员在身心健康节上向民众义务教功。'
       心身健康フェスタで市民に功法を教える

 功法の実演は参加者を引き付け、多くの人々は足を止めて法輪功とはなにか、習える場所があるかどうかを尋ね、学習者の指導の下で、一気に五式の動作を習い学習者と交流したあと、大法の書籍である『轉法輪』英語版を購入した。

 市民は、「あなたたちの展示ブースはとても綺麗です。ここに近づくとエネルギーを感じ、とても気持ちよく感じ、リラックスして、思わず足を止めて知りたくなりました」と話した。

 またある人は、「私は、ここであなたたちに会えてとてもうれしいです。私はシドニーで類似する活動で法輪功を見たことがあり、その時は特に気に留めませんでしたが、今日、ここでもう一度見かけ、とてもよく、今度こそしっかり聞いてみたいと思いました」と話した。

 ある人は、「私は家で1人でよく座禅をしています。しかし何か物足りないと感じていました。あなたたちが堅持している『真・善・忍』の価値観を見て、目の前の利益や、感覚器官の享受を重視する現代の人々で、これらのことを考える人はほんの少しですが、これこそが我々人類が切迫して必要とするもののです!」と語った。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/10/19/355670.html)
 
関連文章