NZの法輪功学習者 オークランド市と共同で文化活動
■ 印刷版
 

 【明慧日本2017年10月27日】春らんまんのオークランド植物園に遊覧客が行き来している。各種の花が咲き乱れ、10月14、15日の週末、植物園はさらに格別に装飾され、平日とは違った。入口を入ると、紙傘が風に揺れ、網戸に満開の生花がホールの天上吊り上げられ、まるで人々を引き連れて霧雨がもうもうとした西湖(中国杭州市の西部にある湖)の湖畔にたどり着いたと彷彿とさせるほどだった。しかしながら、これが法輪功学習者とオークランド市政府が共同で行なった「春を祝う」、中国の伝統文化を広げる活動であった。

 真善忍美術展

 明るく広々としたホールに、人々に注目される真善忍美術展、一幅一幅の迫真にせまる作品が、現在中国で発生している天地を驚かす事実を物語り、真実の故事が人々の涙を誘った。

图1:Dave Bradley想了解法轮功真相
     法輪功の真相を尋ねるデイブブラッドリーさん

 デイブブラッドリー(Dave Bradley)さんは8年前中国に行ったことがあり、香港、上海、昆明、北京、西安などの地を観光した。彼は中国文化と中国で発生した故事にとても興味を持っているという。彼は絵画を鑑賞したあと、アマチュア撮影愛好者の角度からも、これらの作品には非常に表現力が具わっており、この絵画の背後にある故事、法輪功学習者が体験した経歴について、とても知りたくなったという。

图2:Christine与让她落泪的作品《正念走出》合影
『正念で(収容所)から出る』を鑑賞し、涙を流したクリスティーンさんは絵画と記念撮影

 クリスティーンマクドナルド(Christine McDonald)さんは幼稚園の先生である。彼女は思わず涙を流して、作品の背後にある、伝えたいメッセージを感じ取った。法輪功学習者が受ける迫害の真相を知って、人々は信仰、見解と思想の自由を享受すべきだると話した。

 ヴィンセント・オルティス(Vincent Ortiz)さんは中年のフィリピン人である。彼は絵画の前を行き来し、迫害に関する絵を入念に鑑賞した。彼はフィリピンで1986年代にフェルナンド・マルコス独裁政治を経験し、自分の目で独裁者が無実の人民を大虐殺していたのを見たことがあり、特に異なる政治思想を持つ人を敵と見なしていたと話す。独裁があれば、殺戮が存在するというのは、どこも同じである。彼は中国の公民が未だにこのような残忍な統治に遭っていることに同情した。中国で起きている法輪功学習者の生体から臓器狩りが行われていることに心を痛め、、臓器の提供は本人の意思でなければならず、一切の強制は人道に違反しているという。最後に彼は、中国人が一日も早く苦難の中から解放されるよう願っていると話した。

 芸術活動は遊覧客を惹きつける

 ホールから外へ出ると、64ヘクタールの植物園があり、そのうちの10ヘクタールは原始林である。ここに世界各地から1万種類以上の植物が植えられている。世界では最も新しい植物園だという。オークランド植物園は20以上のテーマパークがあり、本土絶滅危険種植物園、山茶園、バラ園と数回受賞したことのあるポッター児童園が含まれる。

图3:游客们纷纷和玫瑰园中仙女装扮的法轮功学员合影
    観光客がバラ園で仙女に扮した法輪功学習者と記念撮影

 植物园のパビリオンに人が一杯となり、刺繍した「真善忍」の灯篭と、切壁紙でパビリオン古色に飾られた。紙切り細工、蓮の花の折り方、中国書道の実演が観光客の足を引き留めた。蓮の花の折り方を習う人、紙切り細工を習う人、中国の書道を習う人、筆で自分の中国名を漢字で書き、とても喜んでいた。

 日本パビリオンの中で、長い袖の古代の服装を身に纏った女性たちは、竹笛の抑揚がある 調子が美しい曲が響き渡り、琴の奏でる「紫竹調」の曲が江南に戻る夢を見させた。観光客は撮影し続けた。

图4:腰鼓队的表演和<span class='voca' kid='86'>功法</span>展示,吸引不少游人立即学炼法轮功
   腰鼓隊と功法の実演、その場で煉功を習い始める人たち

 ポッター児童園では腰鼓隊と煉功動作を実演し、観光客から拍手を贈られた。園内の休憩所には法輪大法の書籍が陳列され、ここで煉功を教えた。煉功の実演を見た観光客はその場で煉功を習った。

 植物園の一角に漢方医の相談所が設けられ、周医師が相談に応じ、健康を保つ漢方の知識を教え、その場で周先生が煎じた漢方茶を試飲出来上がったた。

 今回の活動の世話人の劉さんは、「これは法輪功学習者が初めてオークランド市政府と共同で大規模な活動を行なっています。市政府が管轄する植物園での美術展は中国の伝統文化を主題とする活動をとても支持しています。彼らは私たちにそれぞれのパビリオンで異なる主題を考えるよう提案してくれました。そして専門家を送り私たちと計画を立て、共に会場を飾ってくれました。法輪大法の良好な名声がコミュニティの中で伝播されています」と話した。

 法輪功の純正なるエネルギーは豊富で多彩な活動を通して、コミュニティを受益させ、多くの華人も参加したいと思っている。見物に来ていた中国人の大家族は、4人の子供が法輪大法は素晴らしいと印字した風船を手にして、植物園を後にした。豊富な中国文化を実演する活動が、異なる民族の民衆に深い印象を残した。

 2日間の活動終了後、植物園の担当者のシェリー・スモール(Shelley Small)さんは、数年来見たことのない盛大な活動であり、多くの人々が中国の文化を知ることができ、みんなに各項目を体験する機会を与え、さらに中国の伝統楽器の演奏を聴くことができ、腰鼓隊の実演を見ることができたことは素晴らしいという。彼女は中国の風格をもつ飾り物が好きで、植物園にとても美しく飾られたと喜んだ。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/10/17/355597.html)
 
関連文章