二言三言:良い人 ◎師父評注
■ 印刷版
 

私も二言三言

  「良い人」という文章は短いですが、ある理を説明しました。宇宙の真理に対する確固たる正念は善良な大法弟子の磐石のような堅い金剛の体を構成しており、すべての邪悪を怖がらせており、発射した真理の光はすべての生命の正しくない考えの要素を解体します。正念の強さは威力の強さです。大法弟子は本当に常人から脱皮しています。

           李洪志
         2001年9月8日


 【明慧日本2001年9月8日】師父は常に法に照らして、基準に達する良い人になるように求めておられますが、それは決して、常人が言っている良い人ではありません。先日、明慧ネットの掲載文章で、あるフランス人記者が中国政府の「江沢民集団」が何故法輪功に対して弾圧するのかについて、3つの独自の見解を述べました。3つ目の見解とは、江沢民集団は、我々は「いじめられ易い人達」だから、弾圧したと述べていました。わたしはその言葉で、多くの学習者は良い人の基準を無意識の内に「いじめられ易い」という古い観念で考えていることに初めて気づきました。

 良い人とは、少なくとも高尚な人でなければならず、品格のある人でなければならず、尊敬される人でなければならず、大衆の中の模範でなければならず、昔は君子と呼ばれる人です。しかし、我々修煉者は、それらを超えるものでなければなりません。良い人には「忍」の内包がありますが、法を正す修煉者にとっての「忍」とは、法に於ける金剛不動および佛法威厳の現われです。

 我々は、「いじめられ易い」という観念を取り除かなければ、邪悪が我々に対して「試練」を与え、まさに我々を打撃する口実となります。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2001/9/8/16239.html)     更新日:2012年1月9日
 
関連文章