河北曲周県で9968人が実名で江沢民を告発
■ 印刷版
 

 【明慧日本2016年4月15日】江沢民を告発する大波がおこってくるに従って、曲周県では益々多くの人々が法輪大法の真相を分かるようになった。江沢民が独断専行で法輪大法と大法弟子を迫害した罪悪行為であることを理解し、二度と中国共産党の嘘を信じなくなった。彼らは法輪功の学習者及び学習者の家族が江沢民を告訴するのを支持するだけではなく、実名で江沢民の罪悪行為を告発している。

 不完全統計によると、2015年11月から今年の2月25日まで、実名で江沢民を告発した人数は9968人で、告訴状は全部無事に最高検察庁に届いた。

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2016/4/13/326607.html)
 
関連文章