無条件で内に向けて探す
■ 印刷版
 

文/山東省の大法弟子

 【明慧日本2017年2月28日】ある日、息子は帰って来て、「おじいちゃんはお母さんのことを怒っていた。まともな仕事に就かないで、一日中、役に立たないことばかりしているって」と言いました。私はそれを聞いて直ぐに内に向けて探し、自分が潜在意識の中で祖父を好きになれないのだとわかりました。以前、祖父が大法に反対していたので、私は祖父のことが気に入らず、軽蔑していました。このことがわかり、私は思いました。「おじいちゃんはかつて偉大な佛、道、神であり、師父の身内であり、救われるためにこの世に来たのです」。それ以後、私は家族や衆生に正念をもって接しました。何かをするときも他の人の立場を考え、私が出遭ったことは、私が関与しているかどうかに関わらず、全て無条件で自分に問題があるかどうかを探しました。

 ある日、私は同修の家を出て、大通りを歩いていると、2人の常人がオートバイを道路の中央に停め、口論しているのを見ました。私は直ぐに内に向けて探し、心の中で「師父、私にも闘争心があります。私はそれを認めず、消滅させます」と言いました。

 夫は常人であり、息子は大法の子供弟子ですが、いつも父親の関を乗り越えることができませんでした。例えば、ある時、私が作った料理を息子は食べたくないと言いました。夫は息子に、「お母さんは大変だとわかっているの? お母さんが何を作っても食べなさい」と言いました。息子は泣き出しました。夫はまた「お前は内に向けて探しなさい。いつもお母さんの悪口を言っているが、内に向けて探して自分を見直しなさい。感謝の気持ちを持ちなさい」など、いろいろと言いました。私は奥の部屋でそれを聞いて、「師父が夫の口を借りて、息子にわからせようとされている。実は夫の全ての行動は、私が人心を取り除いていなかったため、旧勢力にコントロールされ、夫を爆発させたのです。全ては私のせいだ」と思いました。

 それ以来、私はどんな事に出遭っても、誰が正しいか正しくないかを問わず、全ては私が間違っていると思い、相手の一部だけをみるのではなく、同じく、その事柄だけをみるのでもなく、何があっても、全てそれを通じて自分自身の心をみるようにしました。自分の心のどこに問題があるのかをみるのです。

 他の人が怒ると、私はその後、必ず心から相手に謝りました。「全ては私が間違っていました。私はあなたの気持ちを考えず、怒らせてしまいました。申し訳ありません」。他の人に謝った時、私は心から師父に言いました。「師父、これからは必ずしっかり行います。このままにすることはできません。今日誰かに殴られても、私は無条件で、なぜ彼は私を殴ったのか? 私がよくないことをしたのか? と内から探します。たとえ今、私が間違っていなくても、昔の恩讐は返さなければなりません」。一方、私は他の人の立場を考えなければなりません。他の人に謝らなければなりません。これは大法の要求であり、必ず守ります。良いことがあれば、他の人のためを考え、悪いことがあれば、自分の心を内から探さなければなりません。

 現在、私は市場で真相を伝え三退を勧めた人数は以前よりとても多くなりました。人々は私を見ると微笑んでくれます。私は内心から自分を修めました。たとえどんなに小さなことでも他の人のことを考え、他の人が喜べば、自分はどのようになってもよく、私は嬉しく思いました。私は師父に、「弟子は必ず神の思想、神の境地に近づくよう頑張ります。師父は以前、必ず私達を済度するとおっしゃいました。師父、私は必ず修めます」と言いました。

 さらに、私は悟りました。「私は旧勢力の私自身に対する安排や存在を認めないだけでなく、旧勢力の同修に対する迫害も認めません。家族や衆生に対する迫害も認めません。同修にどんな情況が現われても、同修が何をしても、私は絶対に同修を責めたり、不満をもらしたり、議論したりしません。私は正念をもって、同修に対処し、常人も含めて、正念で対処します。私は決して旧勢力に騙されません」。また、「私の同修は全て良い同修であり、あなた達旧勢力の同修に対する迫害を絶対に認めません。言ったこと、したことは全て同修がしたことではありません。私は認めません。師父はさらに認めません」と言うことができます。

 以前、私はたくさんの間違いを犯しました。心性の関を乗り越えられませんでした。師父はいつも私のそばにいらっしゃり、私はそれを一切考えていませんでした。私が間違いを犯したとき、師父が喜ばれることがありえるでしょうか。師父がそれを望まれるでしょうか。考えていませんでした。本当に師父に対して不敬であり、法に対して不敬でした。師父のご慈悲を無駄にし、真剣に修煉に対処していませんでした。師父の救い済度のご恩に対し、師父に申し訳ありませんでした。

 師父は説かれています。「ご存知のように、佛、神は衆生のため、宇宙の利益のために命を放棄することができ、何でも放棄することができます。しかも、その時平然として動じないのです。もしあなたを佛の位置に置いたら、あなたはそこまで達することができるのでしょうか? できません。もちろん佛、道は本当にこのようなことに遭うことはありませんが、このような境地に達しています。必ず本当に自分を変えてからはじめて、この境地に達することができます」[1]

 私は師父に言いました。「師父、弟子は衆生のために自分の全てを捨てることができます。私自身の圓満を後にしても、衆生が救われることができれば、私はどちらでも構いません。私の命は師父にいただいたのであり、衆生のためにこの世に来たからです」

 私達は旧勢力を認めず、旧勢力が良くない思想や人心を利用して、私達を妨害することを認めません。それを否定し、自分の信念をしっかり把持することが最も重要です。そして、旧勢力がなぜ私達を妨害することができるかを考え、内に向けて探し、自分の問題を真剣に探します。必ず心より心性を修め、少しでも曖昧にすることなく、旧勢力の考えに従ってはいけません。旧勢力が私達の不足を捉え、圓満に向かう道で妨害するのを絶対に許しません。

 不適切な点がありましたら、ご指摘ください!

 注:
 [1] 李洪志師父の経文:『米国西部法会での説法』

 
(中国語:http://www.minghui.org/mh/articles/2017/12/10/357154.html)
 
関連文章